Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

DMM.make AKIBA1周年の成果は? 「AKIBA of the YEAR」開催

Atsushi Matsumoto , @a_matsumoto
2015年11月26日, 午前03:30 in Dfmo1 Ousia
147 シェア
50
37
0
60

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


2014年11月11日に利用者の募集を開始したDMM.make AKIBA。2015年11月に1周年を迎え、この1年間の出来事や成果を振り返るイベント(アワード+トークイベント)を開催しました。まずは、「コト」「ヒト」「モノ」の3つの観点で審査したAKIBA of the YEARを紹介します。鳴り物入りで始まったDMM.make AKIBAからはわずか1年でさまざななニュースやプロダクトが生まれたわけですが、それらを凝縮したアワードとなっています。

コト部門賞はUPQの「怒濤の製品リリース」



コト部門賞に選ばれたのはUPQ(アップ・キュー)。わずか3か月間の準備で17品目24製品をリリースしたのに驚いた読者は多いはず。

中澤優子社長(冒頭の写真)は「カシオを辞めてからは基本的にカフェのオーナーでした。そんな私がDMM.make AKIBAと出会って、モノ作りに帰ってくることができました。これからもただ作るだけでなくお客さんに届ける努力、フィードバックをもらうことにこだわっていきます」とコメント。授賞式の直後には製品を生産をしている中国への出張が控えており、荷物を抱えてあわただしく会場を後にしていました。

コト部門には、ほかにもスマートシューズ「Orphe(オルフェ)」とロボティクスファッションクリエイターの「きゅんくん」がTVCM(動画)にも出演を果たした件、シニアベンチャーのprimesap代表の木村岳さんがIntelとの共働で成果を上げた件、株式会社ウィンクルの高校生エンジニア吉開拓人さんの背が伸びた件、アポなしでやってきたおじいさんと筋電義手を製作するHandiiをDMM.make AKIBAフロアスタッフが機転を利かせてつないだ件がノミネートされていました。

ヒト部門はスマートシューズ「Orphe」の金井さん


ヒト部門賞に選ばれたのは、スマートシューズ「Orphe」を生みだしたno new folk studioの金井隆晴CTO。「靴作りもモデリングも最初は何も分からなかったけれど、DMM.make AKIBAのみんなに聞いて1つ1つ課題をクリアしていきました。勤めていた家電メーカーでは出来なかった『自分が作りたいと思った商品づくり』が出来るようになりました」と振り返りました。Orpheは2015年春の一般販売を予定しているそうです。

ヒト部門には、匂いを発生させる販促マシンZaaZ(ザーズ)の川口健太郎さん、3Dプリンタでロードバイク用フレーム「DFMO1 OUSIA」(写真は公式サイトより)を(おそらく世界ではじめて)作ったトリプルボトムラインの柳澤郷司さん、1日20時間はDMM.make AKIBAに居るという浅草ギ研ロボットエンジニアの石井孝佳氏、そしてDMM.make AKIBA を立ち上げたDMMエヴァンジェリストの小笠原治氏(写真)がノミネートされていました。

モノ部門は視線追跡機能を備えたFOVE

モノ部門賞には世界初となる視線追跡機能を備えた「FOVE」。被った後は操作が行いにくいVRゴーグルの中にあって、視線で様々な操作を行えるFOVEはKickstarterでの25万ドルの資金調達に成功し、現在はDMM.make AKIBAを「卒業」、こちらも一般発売へ向け事業を拡大しようとしています。

モノ部門にはこの他に、DMM.make AKIBA スタートと同時に入居したことも注目を集めたCerevoのセンサー搭載スノーボード・バインディング「XON」、TRYBOTSの水中エンターテインメントロボット「もるペン」(動画・企業賞をたくさん獲得していました)、イクシー株式会社の3Dプリンタ×オープンソースで作られた義手「HACKberry」がエントリーされていました。



「AKIBA of the YEAR」審査員は、GUGENなどのモノづくりイベントを主宰するJellyWare株式会社の崔社長、クリエイティブ・ディレクターのサカタカツミさん、そしてEngadget日本版の鷹木創編集長が務めました。オートデスク、アリオン、Shade3D、Marvell Semiconductor IncそしてEngadget日本版が名を連ねた企業賞。「Engadget日本版賞」には「Orphe」を選出、「CESのオフィシャルメディアパートナーで本家Engadgetである米国版編集部に製品を紹介する権利(現地記者が気に入ればがっつり記事になるかも)」を贈呈しました。


関連キーワード: DFMO1 OUSIA, DMM.make AKIBA, FOVE, HACKberry, morupen, orphe, UPQ, XON, ZaaZ
147 シェア
50
37
0
60

Sponsored Contents