Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

Apple Pencilの使い心地を試す。短期間でも精度の高さは実感、問題はやはりApple Pencilに対する入手困難さか

Hirotaka Totsu
2015年11月27日, 午前11:10 in Apple
107シェア
0
107
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


iPad Proが発売されてから約2週間が経ちましたが、未だに入手が困難なことから、iPad Proユーザーの間では「Smart Keyboad」と合わせて争奪戦になっている「Apple Pencil」。実際の使い勝手が気になっている方も多いと思われます。

今回は短時間ではありますが、Engadget編集部がアップルより借りたApple Pencilを使う機会を得ましたので、気になる使い心地を検証してみました。

Gallery: iPad Pro | 52 Photos

52


iPad Pro


Apple Storeのスタッフに「Apple Pencilが無ければiPad Proはただの大きなiPadですよ」とまでいわしめるApple Pencilですが、その実力はどれほどのものでしょうか。

iPad Pro

ペアリングは、ペンシルのエンドキャップを外してLightning コネクタをiPadに挿すだけでOK。出現するダイアログで「ペアリング」をタップするだけで完了します。充電もLightning コネクタをiPadに挿すだけでOKなので、簡単です。

iPad Pro

続いて、早速いくつかの対応アプリで使い心地を確かめました。

Adobe Photoshop Sketch

まずはアドビのPhotoshop Sketch (旧・Sketch) から。絵心はあまり無いのですが、簡単なスケッチなどにチャレンジしてみました。

iPad Pro

まず感じたのは、アプリ側での補正精度。大雑把にペンを走らせて線がぶれても、補正のおかげでデータ上ではスムースなラインになる印象です。ただし、補正の挙動が自分のペン操作と違う方向に働くと、思いがけない描画になる事もあります。

Paper - FiftyThree

続いて、多機能なスケッチアプリとして知られる、FiftyThreeのPaper。このアプリは強力な図形描画機能が特徴で、四角や三角、丸などを一筆書きで描くと、自動で綺麗な形状に補正してくれます。これはApple Pencilとの組み合わせでも便利でした。

iPad Pro

もちろん、一般的なペンツールによる自由な描画も可能です。こうした使い方でもApple Pencilの操作性は優れており、スムーズに書けます。

iPad Pro

他のスタイラスペンでも描いた経験はありますが、フリーハンドでの滑らかさなどは、さすが純正という印象を受けます。

メモ(標準アプリ)

iPad Pro

今回いくつかのアプリを試してみて印象的だったのが、iPad標準アプリでの「メモ」です。従来は正直なところ、それほど使われない印象がありましたが、Apple Pencilとの組み合わせでは大幅に使い勝手が良くなりました。

とくに便利に感じたのが、機能として新しく追加されたバーチャルスケール(ソフト定規)です。この機能は画面上に仮想的な定規を設置し、様々な角度でまっすぐに線を引けるというもの。この機能自体は従来のペンやフリーハンドでも使えるのですが、Pencilを使うとペン先とのズレの小ささからか、狙ったところに線が引ける感が優れています。

パームリジェクションとペン先精度の高さが好印象


全般的な感想としては、まず便利に感じたのは、対応アプリにおける手書きのしやすさです。最初の理由は、パームリジェクション機能の精度の高さ。 これはペンを持つ手が意図せずに画面に触れて、タッチ入力となることを防ぐ機能ですが、今回試した範囲では誤動作の少なさが特筆的でした。

さらに、Pencil自体の精度が優秀な点も理由でしょう。ペン先と実際のポインティング位置のズレは小さく、狙ったポイントにカーソルが落ち、書き心地も実際の筆記具に匹敵すると感じます。
ここまで来ると、筆記具の種類に応じてペン先の抵抗が変わるようなフィードバックがあるとよりリアルなのでしょうが、そこまでは求め過ぎかもしれません。


iPad Pro


こうしたアプリで使用感をチェックすると、Apple Pencilは確かに「Apple Pencilが無ければ、iPad Proは大きなiPadでしかない」とも言えるくらいのすばらしい出来でした。発売当日Apple StoreのスタッフがProを選ぶ理由として推していたのも、使ってみた今では頷けます (詳しくは下記記事を参照ください) 。

iPad Proファーストインプレ。本体よりPencilの入手に苦労、無ければ良くも悪くも「デカイiPad」

こうなるとやはり気になるのが、品薄による入手難度の高さ。記事作成時点においてもなおApple Pencilの納期は1か月以上と、入手困難な状況にはほぼ変化が無く、iPad Proユーザーをやきもきさせている状況。一刻も早い在庫状況の改善を期待したいところです。
なお、iPad Pro本体に関しては、下記のレビューも参照ください。

iPad Pro レビュー:漫画が見開き「原寸」の大画面。4スピーカーで動画も迫力、贅沢なコンテンツ鑑賞デバイス (ビューア用途編)




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Apple, apple pencil, applepencil, ipad, IpadPro
107シェア
0
107
0

Sponsored Contents