Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:

溶接と火花はロマン! ガジェット好き女子が「溶接」にチャレンジしてきました。

東 智美(Tomomi Higashi)
2015年12月7日, 午後05:30 in Docomo
335 シェア
238
53
0
44

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View
こんにちは、何でも屋の東です。先日、編集部より指令を受けて、溶接しに行ってきました。
...エンガジェットでなぜ溶接...? テクノロジーになんか関係あんのか...? という疑問は、記事の後半で解明され...るはずです! 

Gallery: 溶接体験(すきじかん) | 19 Photos

溶接って、意外とお洒落!?

鎌倉駅から徒歩10分。鎌倉の洒落おつな街並みを抜けて、溶接の楽しさを気軽に体験できるという、アイアンワークショップ「FeNEEDS(フェニーズ)」へ。

そもそも溶接工場って、鉄と火花と男が戦う、硬派なイメージだったのですが、

(※写真はイメージです)

実際訪問したアトリエは... 白壁! 真っ赤なドア! カフェ!?


そして中は、ちょっとレトロで素敵なインテリアに、鉄製の可愛い雑貨達。ええっお洒落! 鎌倉だから!?


さらに、「溶接男子」とジャンルにできそうな、寡黙でお洒落なオーナー、浅田さんのイケメンっぷりにも驚きながら、ご挨拶のあと、作りたいものを伝えるところからスタートしました。


作りたいものは決まっていたので、iPhoneに描いていたラフを見せて説明しながら、きちんと設計してもらいます。


切る、叩く、曲げる、接合する、で、なんでも作れる

まずは土台(上記ラフ画の赤い部分)をつくるところから。鉄板の上に切りたい形にチョークで絵を描いて、


切る! ここは素人には危険なので、切る道具に手を添えてもらいます。


そして、叩く! 叩く! コノヤロ! 頭がボコボコになっているハンマーで表面をまんべんなく叩くことで、模様をつけるわけです。叩き続けること約10分。


いい感じに模様がつきました!


さて、土台につけるパーツ(ラフ画のピンクの部分)づくり。太い針金のような鉄棒を、測って切って曲げるのですが、長さやら角度やら、かなり繊細さを要求される工程。

自分でやっていると日が暮れそうだったので、2本目からは、カメラマン代わりに同行したスタッフに、やってもらいました。


そして、土台&パーツが完成!(上から2本目が私の作品)


さて、パーツが揃ったところで、この体験の白眉、「溶接」へ! ばっちこーい!


「指と指を溶接したらどうしよう...」という心配は無用です。オーナー浅田さんが、横で溶接部を固定してくださるので、「今!」という掛け声に従って、火を噴くトリガーを引くだけ! ファイヤー!


脊髄反射的にトリガーを引いてるだけなのですが、格好と火花が派手なので、かなり「溶接感」を楽しめます。目の前で青いイナズマがスパークする様は、相当かっこいいです。

で、仕上がったのが、

わー! いっぱい刺さる!

てってれれっててーっててー!「デバイス立てかけスマートプレイスー!」。


これを、こう、使うわけです! スマート!

ウチにはデジタルガジェットがたくさんあるので、平たく置くと場所をとって仕方ないのですが、縦にさすとコンパクト! モバイルバッテリーのような厚めのガジェットも刺せるように、広い隙間もつくりました。なんてスマート!

という自賛はさておき、初めて体験した溶接、どんな難しいかとドキドキしていましたが、難易度が高い作業はつきっきりでサポートして頂けるので、まるで自分が熟練工であるかのような錯覚をしながら、とても満足のいく仕上がりとなりました! 所要時間は約90分。まさか自分が溶接でモノ作りをする日がくるとは! ちょっと人に自慢したくなる体験ですね。

「溶接は難しい、という先入観を無くして、気軽に楽しみに来てくださいね」と、オーナーの浅田さん。
1度の体験から溶接にハマって通い出し、折りたたみ自転車を2年がかりで作り続けている猛者もいるそうです。

さて、このちょっと変わったワークショップ。一体どこで見つけたのでしょうか。

趣味を「探せる」新しいサービス「すきじかん」


実は、月に1回送られてくるチケットで、好きなサービスやワークショップを1回体験できる、「すきじかん」という、docomoの新しいサービスを活用しました。(溶接でデジタルガジェットをつくってこい、というミッションだったのです)。

乗馬や陶芸といったベーシック体験から、今回のような溶接、パラグライダーなど、変わり種、また、エステやネイルなどのリラクゼーション系など、選べるサービスが多岐に渡っており、リストを眺めているだけでも楽しい!


また、この「すきじかん」、なかなか良くできていて、基本コースは月額6,000円で「1チケット+マガジン」が送られてくるのですが、チケットを使わずに貯めておいて、友達や家族、恋人と一緒に使ったり、また忙しい時は、有機野菜やワインなど、グルメのお取り寄せに変えることもできます。

月に1度のお楽しみとして新しい世界に触れるもよし、自分の生涯の趣味を探す体験めぐりをするもよし、すべてグルメに変えるもよし、ルーティンになりがちな生活に、ちょっとしたスパイスになりそうなサービスですね!

◎すきじかん(現在、サービス対応範囲は、首都圏のみのようです)
関連キーワード: docomo
335 シェア
238
53
0
44

Sponsored Contents