最新記事

Image credit:

20年ぶりの『モンスターワールド』新作『Monster Boy』プレイ動画公開。古代祐三・桜庭統などが楽曲提供

Ittousai , @Ittousai_ej
2015年12月27日, 午後01:15
696 シェア
131
459
36
11
59

注目記事

人気記事



PS4 / Xbox One / PC向けに開発中の2Dアクションゲーム『Monster Boy - And The Cursed Kingdom -』がプレイ動画を初公開しました。『モンスターボーイ』はかつてセガが販売していた『モンスターワールド』『ワンダーボーイ』シリーズを20数年ぶりに復活させる正統な新作。

フランスのゲーム開発スタジオ Game Atelier が『モンスターワールド』シリーズを勝手に継承する別名タイトルとして開発を進めていたところ、オリジナルの開発者である西澤龍一氏(元ウェストン)から正統なシリーズ作品として認められためずらしい作品です。また古代祐三氏や桜庭統氏、山根ミチル氏、小林啓樹氏など、やたらと豪華な音楽スタッフの参加も魅力のひとつとなっています。



『モンスターボーイ』はもともと2014年に、『Flying Hamster II - Knight Of The Golden Seed』という、全く別のタイトルとキャラクターで開発資金を募っていた作品。開発スタジオのGame Atelier はインスピレーションの源として『ワンダーボーイ / モンスターワールド』の名を挙げ、2D探索アクションゲームファン向けに開発していました。

それが正式に『ワンダーボーイ / モンスターワールド』シリーズ新作になったのは、オリジナルのシリーズ開発者 西澤龍一氏からコンタクトを受け、開発への協力とシリーズの正統な一部としての発売を認められたため。

Game Atelier のプロデューサー Thomas Kern氏によると、フライングハムスターIIのKickstarterキャンペーンを見かけたモンスターワールドのファンが、西澤氏にプロジェクトの存在を伝えて仲介してくれた縁とのこと。


(Monster Boyに参加を表明した西澤氏)

オリジナルの『ワンダーボーイ』『モンスターワールド』は、1980年代にセガから発売されたアーケード版『ワンダーボーイ』(ファミコンでは『高橋名人の冒険島』)に始まったシリーズ。二作目『ワンダーボーイ モンスターランド』以降は買い物や探索の要素を備えたアクションアドベンチャー作品になり、1994年のメガドライブ向け作品『モンスターワールドIV』まで続きました。

任天堂の『ゼルダ』のように誰もが知るキャラクターが生まれたり、新作が途切れず続いてきたわけではありませんが、2007年にはプレイステーション2向けにシリーズ全作品をまとめたコンプリートコレクションが発売されたり、フランスのゲーム開発スタジオである Game Atelier がわざわざ継承者を名乗って作品を作ることが示すように、根強いファンがいるシリーズです。シリーズの開発は西澤龍一氏が創業したウエストン (ウエストン ビット エンタテインメント)。

『ワンダーボーイ』『モンスターワールド』はタイトルの商標をパブリッシャーであるセガが保有し、ゲームの権利は開発元であるウエストン(の西澤氏)が持つ形であることから、『高橋名人』や『ビックリマン』『西遊記』などキャラクターを差し替えたバージョンが別のパブリッシャーから販売されてきました。

開発中の『モンスターボーイ』は西澤氏によって晴れて正統なシリーズに加えられましたが、上記のような理由から、正式には『ワンダーボーイ』『モンスターワールド』を名乗ってはいません。Game Atelier によれば、まだ評価用のプレイアブルビルドがないことからセガにデモを見せてはいないものの、今後は何らかの協力が得られるよう交渉する準備はあるとのこと。

(余談。『ワンダーボーイ』『モンスターワールド』とシリーズ名が2つあるのは、2作目以降のRPG風アクションの系譜が『モンスターワールド』シリーズ扱いになっていることから。)。



新作モンスターボーイのゲーム内容は、モンスターワールドシリーズの伝統である2D探索アクションをベースに、『~ドラゴンの罠』で導入された変身による特殊能力、性質の違う武器の持ち替え、パズル要素など。

開発者いわく、「セガのゲーム機にカートリッジを突っ込んで電源を入れればすぐに遊べ、さくさく進むあの感覚」を現代の技術で提供するために開発しており、目標はプレーヤーを飽きさせずクリアまで遊ばせること。ボリュームとしてはシリーズ作品の約二倍とされています。

また何がどうなったのか、日本の著名なゲーム音楽作家が多数参加する点も魅力です。OSTチームに名を連ねるのは古代祐三氏(日本ファルコム作品多数、アクトレイザー、ベア・ナックル、最近では世界樹の迷宮シリーズやセブンスドラゴン他)、桜庭統氏(ウルフチーム作品多数、スターオーシャン、テイルズ オブ~シリーズ他)。

さらに山根ミチル氏(悪魔城ドラキュラ / Castlevaniaシリーズ、幻想水滸伝III / IV)、小林啓樹氏(『エースコンバット』シリーズ)、柳川剛氏(カルドセプト、シェンムー)ほか。ゲームやアニメ作品への参加が多いシンガーソングライター霜月はるか氏による主題歌まであります。



ゲームプラットフォームの多様化と参入障壁の低いアプリストアの普及、Kickstarterなどクラウドファンディングの普及により、インディーズゲームはゲーム業界で大きな存在となりました。

なかでもレトロなスタイルやゲームプレイを売りにした作品は一大ジャンルとなっており、影響を受けた特定タイトルを挙げて Spiritual Successor (魂の継承者、精神的な続編)を名乗るものや、堂々と「好きすぎて新作が遊びたいから勝手に作りました」系も多々あります。しかし、モンスターボーイのように勝手続編が正統新作に編入されるのは数少ない例です。

人気シリーズが名前に頼った残念続編やガッカリリブートの乱造で固定ファンを目減りさせてゆくのはゲームに限らずあらゆるコンテンツで見られる現象ですが、中身をリスペクトする開発者が手がけてあとからシリーズに加えられるのはまさに逆。

一方、人気シリーズのオリジナル開発者が独立して「どうみても続編」を作っても、権利的にシリーズを名乗れない状況もよくあります。シリーズ名やナンバリングが中身よりも重要というわけではありませんが、子供の頃にモンスターワールドを遊んだ記憶のあるプレーヤーが「ん?新作??」と気づけるよう、セガには粋な図らいを期待したいものです。『Monster Boy - And The Cursed Kingdom - 』の発売は2016年内予定。

Source: Monster Boy
696 シェア
131
459
36
11
59