Sponsored Contents

AppleWatchの最新記事

Image credit:

Apple Watchから操作できる Bluetooth ヘッドホン Parrot Zik 3 発表。USB接続でデジタル再生対応、ノイズキャンセル搭載

Munenori Taniguchi
2016年1月16日, 午前09:00 in Applewatch
298 シェア
74
79
11
2
132

注目記事

人気記事

ポケモンGOの新ポケモン追加は12月8日?米スターバックスの「社内文書」また出回る。「ポケモンフラペチーノ」も

ポケモンGOの新ポケモン追加は12月8日?米スターバックスの「社内文書」また出回る。「ポケモンフラペチーノ」も

View
 
仏 Parrot が、高音質ヘッドホン Zik シリーズの新製品 Zik 3 を正式発表しました。USB-DAC を内蔵、PC や Mac と USB 接続すれば、最大 192kHz /24bit のデジタル再生が可能です。また Bluetooth によるワイヤレス再生や、Apple Watch からの操作にも対応します。

Gallery: Parrot Zik 3 | 32 Photos

Parrot といえば AR.Drone や Bebop Drone シリーズがよく知られていますが、2013年から販売してきたヘッドホンの Zik シリーズも3代目となりました。初代 Zik はヴェルヴェット・アンダーグラウンドのルー・リードが開発に協力しており、オリジナルのサウンドチューニングを提供、2代目の Zik 2.0 では Bluetooth と最大30dbのアクティブノイズキャンセリング機能を搭載。カラーバリエーションも6色にまで拡大しました。



3代目となる Zik 3 はさらに大幅に機能を追加。USB-DAC 機能を内蔵し、PCなどと接続して 192kHz /24bitまでのハイレゾ音源をデジタル再生可能となりました。また 5.1ch 音声の再生にも対応。NFC による Bluetooth のワンタッチペアリングといった、細かいけれどあると便利な機能も積み上げてきています。

さらに目立つポイントとしては、Apple Watch および Android Wear への対応があります。Apple Watch またはAndroid Wear 搭載のスマートウォッチを使えば、専用のモバイルアプリ「Parrot Zik」を介してイコライザー操作や音響効果、アーティストによるプリセットチューニングの選択といった操作が可能です。
 
 
外観は、これまでどおりプロダクトデザイナーのフィリップ・スタルクがデザインを担当。Zik 3 ではワニ皮風(ブラック/ ブラウン /エメラルドグリーン /レッド)、ステッチ刺繍(ブラック /アイボリー)、レザー風(ブラック)といったバラエテティ豊かなハウジングデザインを用意しました。
 
 
また右側のハウジングはタッチ操作エリアとなっており垂直方向にフリックすれば音量調整、水平方向なら曲送り/戻し、タップで再生/停止操作ができます。またヘッドホンを首にかけるように外せば自動的に音楽再生を停止します。

その他主な仕様は、40mm径ドライバーを搭載。Bluetooth 3.0 に準拠し、プロファイルは AD2P /AVRCP /HFP などに対応します。バッテリー容量は830mAh。Qi 規格に準拠しているので、対応するワイヤレス充電器で2時間の充電すれば最大18時間の駆動が可能です。

大きさは幅175 x 高さ202 x 奥行39.3mm。重さは270g。USB ケーブル、USB-microUSBケーブル、3.5mmステレオミニのヘッドホンケーブルが付属します。ケーブル長さはいずれも1.3m

Parrot Zik 3 の発売日は1月27日。価格は4万6800円です。

298 シェア
74
79
11
2
132

Sponsored Contents