Sponsored Contents

skylakeの最新記事

Image credit:
Save

13.3型モバイルノート『VAIO S13』発表、Pro 13mk2のタフ性能を引き継ぎつつ基本性能強化

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2016年1月27日, 午前09:00 in Skylake
183シェア
0
183,"likes":70
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
1月27日、VAIOがノートPCの新製品群を発表しました。その中でも注目モデルとなりそうのが『VAIO S13』。心臓部となるCPUにインテルの第六世代Core iプロセッサを搭載した、13.3型フルHD液晶搭載の薄型モバイルノートPC。VAIO Pro 13|mk2の後継機です。
Web通販での受注は既に開始されており、最速到着日は2月5日。価格はカスタマイズモデルの最廉価構成が11万4800円から、店頭モデル(2月5日発売)が16万9800円。

Gallery: VAIO S13 | 13 Photos

13



モデル名はSシリーズ(今回Superior:スペリオルの略と公開されました)となりましたが、本体デザインは前モデルにあたるVAIO Pro 13|mk2(以下mk2)と同じ。本体色シルバーは色味を変えた『新シルバー』となりました。本体カラーは他にブラックを加えた2色。
特徴はCPUの世代交代に加え、CTOモデルにおいてヘビーユーザー待望のメインメモリ16GB構成が可能になった点や、同じくCTOモデルでのハイスピードSSDが第2世代(PCIe Gen.3)版となり、mk2より高速化した点など。




本体サイズは322×216.5×13.2~17.9mm (幅×奥行き×厚さ)で、重量は約1.06kg。本体サイズはmk2と同じですが、重量は30gほど増しています。
この重量増は、CPUが第六世代(Skylake版)へと交代した点により、マザーボード上にあるCPUへの電源供給回路や、冷却機構(ヒートパイプ)の設計変更を伴ったためとのこと。

ただしCPUの強化により、処理速度も向上しています。VAIO公式での計測結果では、本機の最上位構成であるCore i7-6500Uとmk2の最上位であるi7-5500Uで比較したところ、CPU性能は約19%アップ、GPU(グラフィックス)性能は約31%アップというデータを公開しています。

なお、他のSkylake搭載機ではメインメモリもDDR4へと世代交代しているモデルが多いのですが、今回はmk2と同じDDR3Lを継続します。

公称バッテリー駆動時間(JEITA 2.0測定法)は、Windows 10使用時で約9.8~10.5時間。mk2での約9.4~10.4時間と比較すると、わずかながらCPUの世代交代などで延長しています。




さらにSkylake世代となったことでHDMI端子経由でのディスプレイ解像度も向上。リフレッシュレート30Hzと簡易的ではありますが、4K解像度(3840×2160ドット)をサポートし、さらに4096×2160ドット/24Hzも可能としています。

mk2の特徴であるVGA(D-Sub 15ピン)ディスプレイ出力も継承。昨今VGA端子はビジネスノートPCでも非搭載となりつつありますが(例えばThinkPad XシリーズもT460sと260では消えました)、そうした中で貴重な存在です。

本体デザインに関しては、先述したようにmk2を引き継ぎます。ここは残念なところですが、これはmk2の外装は耐久性や操作性などの点で完成度が高いため、あえてそのまま継承した旨の説明がありました。



新カラーとなる『新シルバー』は、VAIOのコーポレートカラーである「勝色」(かちいろ)が含まれたカラーリング。S11で採用された色です。

mk2でアピールされた厳しい耐久テストも継承されており、四隅に対して5cmの高さから5000回落下させる「角衝撃試験」や50kg重・1時間の加圧振動試験、6面に対する「90cm落下試験」、液晶蓋面に対する「加圧試験」、本体天面の1点にのみ力を加えた「ひねり試験」、事故でペンを挟んだまま閉じてしまったのを想定した「ペンはさみ試験」などをクリアした点を謳います。
これらのテストに関する詳細はmk2の発表記事を参照ください。

VAIO Pro 13 | mk2発表。ビジネス向けに路線変更、耐久性と使い勝手を高めた13.3型軽量ノートPC


またキーボードユニットとタッチパッドも、mk2で採用された構成を継承。キーボードはVAIO Zと基本設計と同一とする打鍵音の耳障りさを少なくした構成で、タッチパッドはmk2で評価の高かった独立ボタン型です。

また隠れた強化点として、SDカードスロットが最高104MB/秒対応(UHS-I SDR104)へと高速化されました(mk2は最高50MB/秒のSDR50まで対応)。


店頭モデルでとなる『VJS13190211S』の主な仕様は、

  • 本体色:新シルバー
  • ディスプレイ:13.3インチ液晶(フルHD[1920×1080]表示、IPS駆動)、タッチ非対応
  • CPU:Core i3-6200U (2コア4スレッド、動作クロック1.6GHz)
  • GPU:インテル HDグラフィックス 5200 (CPU内蔵)
  • メインメモリ:4GB (DDR3L、デュアルチャンネル対応、増設不可)
  • ストレージ:128GB SSD(SATA 6Gbps)
  • ディスプレイ出力:HDMI×1、VGA(D-Sub15ピン)×1
  • 無線接続:IEEE 802.11ac Wi-Fi+Bluetooth 4.0
  • 有線LAN:ギガビット(1000BASE-T)対応×1
  • 拡張端子:USB 3.0×3、SDカードスロット、ヘッドホン出力
  • 本体サイズ:322×216.5×13.2~17.9mm (幅×奥行き×厚さ)
  • 重量:約1.06kg
  • その他:フロントカメラ(92万画素)搭載
  • OS:Windows 10 64bit版
といったところ。


このようにVAIO S13は、mk2の堅牢性や使いやすさといった点を引き継ぎつつ、順当なパワーアップを図ったモデル。メインメモリ16GB構成が可能となった点などと合わせて、今回もVAIO製モバイルノートPCの中心モデルとして、安定した人気を維持しそうなモデルです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: VAIO S13
関連キーワード: skylake, vaio, vaio pro 13 mk2, vaio s13
183シェア
0
183,"likes":70
0

Sponsored Contents