NTTドコモは、公衆無線LANサービス docomo Wi-Fiを、都営地下鉄の走行中の車両内で利用可能にすると発表しました。2月5日から都営浅草線の一部車両で提供を開始し、2020年3月までに都営地下鉄が所有する全車両内に提供を拡大するとしています。


都営浅草線の車両1編成で2月5日より提供を開始。その後、順次提供を拡大し、2020年3月までには都営地下鉄の全路線・全車両に拡大します。これにより、利用者は走行中の地下鉄の車両内で無線LANによるデータ通信が使い放題となります。

なお直通先の他社線においても、都営地下鉄の車両であれば一部エリアを除きdocomo Wi-Fiを利用できます。なお都営地下鉄に直通してくる他社車両では利用できません。

docomo Wi-Fiは、全国14万を超えるアクセスポイントで使える公衆無線LANサービス。ドコモのISP契約があれば永年無料キャンペーンで利用可能。ノートパソコンやWi-Fi専用タブレットでもdocomo Wi-Fi 月額300円プランで利用できます。

スマートフォン向けの動画サービスなどの普及などで、月間のデータ通信量が増え通信制限にかかるユーザーは少なくありません。電車内はスマートフォンでのデータ通信を比較的よく使う場所。Wi-Fiが使えるようになるのは喜ばしいことだと言えそうです。
走行中の地下鉄車内で「docomo Wi-Fi」、2月5日提供開始。2020年までに都営の全路線全車に拡大
広告

0 コメント

広告