PCのビデオキャプチャーカードMonsterシリーズで知られるエスケイケットが、15.6インチ IGZOパネルを搭載した単体4Kディスプレイ『SK-4KM156』を発表しました。想定売価は税込16万4800円で、発売は3月中旬予定。

4K放送用関連業務やデジタルサイネージ向けのため高価ですが、小型の4K対応ディスプレイとしてはほぼ唯一のモデル。また業務用放送機器で使われる「Vマウント」バッテリーを使ったバッテリー駆動も可能です。

エスケイネット 15.4型4Kディスプレイ SK-4KM156

すべての写真を見る

5 枚






最大の特徴は当然ながら、4K(3840×2160ドット)対応ディスプレイとしては小型となる、15.4インチ液晶パネル採用による小ささ。本体サイズは378×280×140mm(幅×高さ×奥行き)。また本体重量は1.3kgで、スタンドを外すと1kg。軽量とは言いがたいですが、4K動画撮影時の確認用として持ち運びも可能なレベルです。

なお液晶パネルは、公式で『国内メーカー製 IGZO IPS 液晶パネル』と記載しており、日本メーカー製パネルである点をアピールします。



入力端子はまだ対応機器の少ないHDMI 2.0×1基を搭載。バージョン2.0のため、リフレッシュレート60Hzの4K信号も転送可能です。
合わせて著作権保護のHDCPもバージョン2.2に対応。ULTRA HD Blu-rayや一部CSで開始されている4K放送の視聴には必須ですが、本機ではそれらのソースにも対応できます。

隠れた特徴は電源入力端子。ACアダプター用のほかにバッテリー用の端子が独立して用意されます(つまり電源端子が2個ある珍しい仕様です)。

このバッテリー用端子は、本機の背面にVESAマウントプレート(別売、原稿執筆時は価格などは不明)を装着し、市販のVマウントバッテリーを使うためのもの。Vマウントバッテリーは業務用ビデオカメラなどで多く使われているため、ビデオ撮影プロダクションなどではそれらと共用でき、利便性が高い、という趣向です。

さらに本体側のスタンドは脱着可能な設計。VESAマウント用のネジ(100×100仕様)も開けられているため、市販のモニターアームなどにも容易に装着可能です。




業務用だけあって、色調整機能は非常に豊富。色温度はPC標準の6500Kに、テレビで多く使われる9300K、さらにRGBごとの強さを設定可能な「任意RGB成分値設定」モードも備えます。

またガンマモードの設定も4段階から可能。1.8/2.0/2.2/2.4が選択できます。さらに業務用では利便性の高い、本機側での表示アスペクト比設定も用意。フル画面/16:9/4:3/5:4/1:1から選択可能なため、変則的なアスペクト比の信号でも扱えます。

入力対応解像度ももちろん放送機器仕様。NTSCベースのみならずPAL仕様の576i(720または704×576画素、インターレース)信号なども受付可能です。



このように本機は、ビデオ編集用を前提としていることもあり高価ですが、15.4インチの4Kディスプレイという他にない特徴を備えたモデル。さらに日本メーカー製液晶パネルの明示、さらに豊富な色調整機能など、コンシューマー用ディスプレイではあまり見られない機能を備えます。

趣味でビデオ編集を手がけるユーザーにも「刺さる」スペックを持った製品だけに、「価格は高いがちょっと欲しい」と思う人が多そうな製品です。
4K対応で15.6型、バッテリー対応の液晶モニタをエスケイネットが発表。映像編集業務向けの画質調整機能も搭載
広告

0 コメント

広告