onedriveの最新記事

Image credit:

OneDriveの容量縮小を拒否する手続きは本日まで。オプトアウトのしかた

Ittousai , @Ittousai_ej
2016年1月31日, 午前05:30 in Onedrive
7909 シェア
4514
2363
138
160
734

注目記事

人気記事



OneDriveの無料容量削減を拒否できる期限が迫ってきました。無料15GB(30GB)から5GBへの削減を避けるには、米国時間で1月31日(日本時間で2月1日午後)までにOneDriveのページでオプトアウトする必要があります。

OneDriveのアクティブユーザーはもちろん、特に使っていないけれど無料ボーナス容量を獲得していたかた、今後モバイルも含めWindows 10環境を使ってゆくかもしれない方、Windowsは使わなくてもOfficeやOutlookなどマイクロソフトのサービスを使う方には大事なリマインダです。



マイクロソフトがOneDriveの無料容量削減と、有料Office 365ユーザー向けの容量無制限廃止を発表したのは11月。無料容量は従来の15GBから5GBに減り、カメラロールを同期させることで得られた15GBボーナスは廃止になるとの内容でした。

問題はこれが新規ユーザーだけでなく既存ユーザーも対象にしていたこと。カメラロール同期はアプリを利用していると有効にするようしつこく勧められることもあり、無料ユーザーでも実質30GBだったはずが5GBに減ってしまいます。

5GB以上を実際に使っていたユーザーについては、少なくとも1年間はアクセスを維持するなど最低限の救済策はあったものの、当然ながらユーザーからは猛反発がありました。マイクロソフトはユーザーの声を受けて、縮小の撤回こそしなかったものの、希望者のみ手続きすれば対象にならないという妥協案を発表していました。



オプトアウト手続きのページはこちら。利用するマイクロソフトアカウントでサインインした状態で、Keep your free storage を踏めば縮小の対象から外されます。期限は1月31日まで。マイクロソフト基準の米国時間であれば、日本では2月1日になってもしばらく有効かもしれません。

今後も使う予定がない場合はわざわざ手続きすることもありませんが、マイクロソフトはOneDriveを Windows 10標準のクラウドストレージにしたほか、Office や Outlookといったサービスとの統合も加速しています。Windowsを使わない場合でも維持しておくにこしたことはありません。

関連キーワード: onedrive
7909 シェア
4514
2363
138
160
734