Sponsored Contents

携帯電話の最新記事

Image credit:

大容量4000mAhバッテリー内蔵、1万7800円のSIMフリースマホ『Priori 3S LTE』は2月12日発売決定

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年2月3日, 午後05:00 in Android
478 シェア
118
164
19
3
174

注目記事

人気記事



FREETELは、4000mAhの大容量バッテリーを搭載したSIMフリースマートフォン「Priori 3S LTE」を2月12日に発売します。価格は1万7800円。

最大の特徴は、4000mAhという大容量バッテリーを搭載する点。5インチ級では一般的に2000mAh代後半、6インチ級でも3000mAh代に留まるモデルが多い中で、これは特筆すべき大きさ。同社は「日本国内で販売されている5インチ型スマートフォンの中で最大容量」「5インチ史上最強のスタミナ」とアピールします。

Gallery: FREETEL Androidスマホ Priori 3S LTE | 11 Photos


本機の位置づけとしては、昨年11月に発売されたAndroid機のベーシックシリーズ「Priori 3 LTE」の上位モデルとなります。

Priori 3 LTEに比べるとバッテリー容量以外の基本性能も上がっており、画面サイズは4.5インチから5.0インチに、解像度は854 x 480から1280 x 720に大画面&高精細化。さらにメインメモリは2GB、ストレージ容量は16GBとそれぞれ2倍となっています。また、microSDカードスロット(公式では128GBまで対応)も装備しています。



またPriori 3 LTEでは2点タッチ対応でしたが、Priori 3S LTEでは5点タッチに対応。これにより、マルチタッチを必要とするアプリの操作の困難が解消されます。

本体サイズは縦長状態で、72×144×9.4mm(幅×高さ×厚さ)。重量は約161gと、厚さや重量では、大容量バッテリーの分不利に見えます。しかし実用性を損なうほどではないレベルのため、この程度であれば容量増加のメリットが上回る、というユーザーは多いでしょう。



カラーはマットブラック、パールホワイト、ネイビーの3色。

Priori 3S LTEは、1月14日に開催された記者向け説明会で発表となっており、より高価なスマートフォンでも見られないほどのバッテリー容量などから、ヘビーユーザーを中心に注目されていたモデル(説明会での様子は、下記の石野純也氏「週刊モバイル通信」を参照ください)。

着実に品質向上のFREETEL、2画面折りたたみスマホやSimple 2をチラ見せ。安定感で名誉挽回を果たせるか:週刊モバイル通信 石野純也

1万7800円という低価格ながら、4000mAhというバッテリー容量をはじめ、2GB RAMや高精細大画面な5インチHDディスプレイといった基本性能も大幅に底上げがなされており、コストパフォーマンスはかなりのもの。ヒット機種となる要素を十二分に備えた、注目のスマートフォンと言えそうです。

Priori 3S LTEは、2月12日よりFREETEL eSHOPをはじめ、大手家電量販店をはじめとする各販売店にて販売が開始されます。

478 シェア
118
164
19
3
174

Sponsored Contents