レンタルビデオチェーンのゲオが2月22日に動画見放題サービス「ゲオチャンネル」を開始すると発表しました。2015年9月に概要を発表していたサービスで、月額590円で映画やドラマ、アニメ、さらにはアダルトビデオまでも猿のようになって見まくれます。

ゲオチャンネルの特徴は、1600万人という会員のレンタル動向を反映した「レコメンド機能」や、専門スタッフ "フィルムアナリスト" らの人力編集によるおすすめ映画プレイリストなど。さらにスマートフォンやタブレットでの視聴では、見たい作品をオフライン再生できる「ダウンロード機能」も備え、リリースの文言だけを聞いていれば、まるで Apple Music のような便利機能を揃えます。

そして、最も大きな特徴はアダルトビデオも見放題の対象となること。まずは50作品からスタート、毎月10作品を追加していくとしています。なお9月のサービス発表では、AVレーベル「PRESTIGE」がコンテンツを提供するとしています。「PRESTIGE」といえば、絶対的美...(この文省略)。

えー、一方アダルト以外のコンテンツはエイベックスが提供するため、同社の展開する dTV /UULA と共通する品揃えになりそうです。

サービス開始時より配信予定の作品は13ジャンル/約8万タイトル。見放題以外にも個別に課金するレンタル用タイトルも用意するとのこと。
 
料金コースは月額590円の「ベーシックコース」と、月額1180円で店頭で旧作 BD /DVD 20本レンタル権がついた「店舗プラス」コースの2種類。サービス開始後には、月額1180円で旧作 BD /DVD 8本の宅配レンタル権がつく「宅配プラスコース」を追加する予定です。

視聴に対応するのは Android 4.0 以降のスマートフォン/タブレット、iOS 7.0 以降を搭載する iPhone 5s /5c 以降iPad 2 以降、iPad mini。PCはWindows 7 以降またはOS X 10.8 Lion 以降。PC/Macはブラウザーでの視聴となり、Internet Explorer 11、Firefox 42.0以降、Safari 6.0.3以降が推奨されます。そのほか、テレビの HDMI 端子に直挿しする Google のドングル型デバイス Chromecast でも視聴が可能です。

ちなみにゲオでは、オプションとしてアダルト作品特化で月額980円の「アダルトベーシックチャンネル」なるチャンネルも追加予定としています。

ゲオチャンネルのサービス開始日は2月22日から。現在ウェブサイトでは事前登録を受け付けています
「大人のビデオ」も見放題。月590円の動画配信サービス『ゲオチャンネル』は2月22日開始。Chromecastにも対応
広告

0 コメント

広告