Other

ソニーは3月12日、『h.ear』シリーズとして、Bluetooth/有線兼用のノイズキャンセリング(NC)機能付きヘッドホン『h.ear on Wireless NC』(MDR-100ABN)、およびネックバンド型Bluetooth/有線兼用イヤホン『h.ear in Wireless』(MDR-EX750BT)を発売します(こちらはノイズキャンセリング機能非搭載)。両機種ともソニーの提唱する高音質コーデック「LDAC」に対応しているのが最大の特徴です。

カラーラインナップは2製品ともにビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクの5色展開。同社オンラインストアでの価格は『h.ear on Wireless NC』が3万4880円、『h.ear in Wireless』は2万880円です(いずれも税別)。

h.ear on Wireless NC

すべての写真を見る

9 枚


今回発売する2モデルは、どちらもワイヤレス接続としてBluetoothに対応し、さらに「LDAC」をサポート。LDACは最大990kbpsという高ビットレートで伝送可能なコーデックで、最大転送速度ならハイレゾ相当の音質再生を実現できるとしています。加えてLDACのほか、SBC/AAC/aptXにも対応します。

付属の専用ケーブルを接続すれば、有線でもハイレゾ音源再生が可能となっています。またNFC機能も搭載し、ペアリングが簡単なのもポイント。また通話用のマイクも内蔵。高音質での通話を可能とする技術「HD Voice」にも対応するため、快適なハンズフリー通話が可能な点を謳います。

さらに8台までの機器に対応したマルチペアリングと、音楽再生機器(A2DPプロファイル)と通話機器(HFPまたはHSPプロファイル)の同時接続が可能なマルチポイントにも対応。音楽プレーヤーで曲を聴きながら、スマートフォンの着信に応答・通話といった操作がシームレスに行えます。


Other

『h.ear on Wireless NC』は、デジタルNC機能を備えたBluetooth 4.0対応のヘッドホンです。NCはヘッドホンの内側・外側2つのセンサー(マイク)でノイズを集める「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を採用。専用のソフトウェアエンジンでノイズを打ち消す信号を高精度に生成し、ヘッドホンの内側・外側の双方からノイズを低減します。

Other

周囲のノイズを常に分析し、電車の走行音、航空機のエンジンノイズなどの種類に合わせたノイズキャンセリングモードを自動で選択する『フルオートAIノイズキャンセリング』機能も搭載。どんな環境でも快適に音楽を楽しめます。

ドライバーは40mm径HDドライバーユニットで、ドーム部の振動板にチタンコーティングを採用。また、圧縮音源の高音域や微小な音を補完する「DSEE」も備えています。周波数帯域は5Hz~40KHz(有線接続、電源オン時)、インピーダンスは32Ω(有線接続、電源オン 1kHzの場合)、16Ω(有線接続、電源オフ 1kHzの場合)。



連続再生時間は、ノイズキャンセリング機能がオンの時は最大20時間、オフなら最大22時間と長時間駆動するのもうれしいところ。重さは約290g。

h.ear on Wireless NC

すべての写真を見る

9 枚



一方の『h.ear in Wireless』は、9mm径のダイナミックドライバーを備えたBluetooth 4.1対応のイヤホン。形状をネックバンド型とし、Bluetooth対応で必要となる操作ボタンやバッテリーをバンド部に搭載することで、長時間の装着でも快適に音楽を聞ける設計としています。

Other
ドライバーユニットは、ベースとなる有線モデル『MDR-EX750/EX750AP』と同口径の直径9mmタイプを搭載。
外磁型磁気回路を採用することでの駆動力向上、振動板の形状最適化による広帯域再生をアピールします。周波数特性は5Hz~40KHzで、インピーダンスは16Ωです。また、連続再生時間は約7.5時間、重さは約38g。

h.ear in Wireless

すべての写真を見る

5 枚





これらの2モデルは、単色で彩られたデザインや、いい意味で外観を裏切る実力などで評価される、ソニーh.earシリーズのBluetooth版とも呼べる製品(既発売の有線接続モデルについて詳しくは、下記紹介動画を参照ください)。
とくにヘッドホンタイプは、Bluetooth接続とノイズキャンセリングの同時使用が可能な仕様でありながら、豊富なカラーバリエーションなどが魅力です。

ソニー 新ブランド h.ear 動画、どぶ漬けカラーの魅せるハイレゾ。平ケーブル、スマホマイク付き2.2万円


初公開されたCES 2016でも、ソニー側イチオシの製品としてアピールされていました(下記動画記事を参照ください)。今回の2機種は有線接続も可能なので、シーンごとに有線・無線を切り替えて音楽を楽しむのもアリでしょう。

動画:新登場! ソニーのh.ear on Wireless NCを試す。今度はケーブル無し&ノイキャン付き、装着感も良好 : CES2016




ソニーのカラフル高級ヘッドホンh.earにBluetooth版2機種が追加。無線でハイレゾ級の独自コーデックLDACにも対応
広告

0 コメント

広告