東芝エルイートレーディングは3月下旬より、ハイレゾ再生をサポートするCDラジオ『TY-AH1000』を発売します。かつて東芝のピュア・オーディオ製品に付けられた「Aurex」ブランドを引き継いでいるということもあり、音質にこだわりが見られる製品。USBメモリーやSDカードを扱える同社製CDラジオのハイエンドに位置する製品です。

推定価格は3万5000円(税込)前後。ボディカラーはシルバー。

TY-AH1000

すべての写真を見る

7 枚


『TY-AH1000』は、最大32GBのSDHCカード/USBメモリに収録されたハイレゾ音源を再生できるオーディオです。また、CDプレーヤーのほか、AM音源をクリアにする「ワイドFM」対応のAM/FMラジオも搭載しています。Other

再生するメディアによって対応ファイル形式が異なりますが、MP3/WMAファイルの再生、AACファイルには非対応な点はどのメディアも共通です。SDHCカード/USBメモリでは、96kHz/24bitまでのFLAC/WAV(WAVはUSBのみ対応)のハイレゾ音源を再生できます。

Other

ツィーターはハイレゾ再生できるよう、2kHz~100kHzと幅広い周波数に対応した2cmシルクドームツィーターを採用し、加えてコーン型の8cmウーファーも搭載。周波数帯域を高音・低音に分割、各音域別に独立したアンプで駆動します。総合出力は50W(低域15W×2、高域10W×2)。

microUSBによるPC接続や、Bluetooth 3.0によるスマートフォンなどのデバイスとの接続も可能。NFCにも対応しているため、ワンタッチで手早くスマートフォンと接続できます。Bluetoothは3.0、プロファイルはA2DP/AVRCP/SPP、コーデックはSBCをサポートします。

また、CDやラジオの音源をMP3形式(192kbps)でSDカードやUSBメモリに録音する機能も付いています。本体の大きさは400×135×205㎜、質量は約3.2㎏です。
懐かしの東芝「Aurex」ブランドが復活。ハイレゾ対応CDラジオ『TY-AH1000』、3月下旬発売
広告

0 コメント

広告