SIMフリーキャリアを掲げるFREETELは、提供中の格安SIM「FREETEL SIM」において、メッセンジャーアプリのデータ通信料をゼロ円にすると発表しました。対象は現時点でLINEアプリおよび中国で使われているWeChatとなっています。

FREETELは、これまでにもApp Store通信が無料のiPhone専用SIMカード FRETTEL SIM for iPhone / iPadを提供していました。今回の新サービスもその流れを汲むものですが、今回は既存ユーザーを含めたすべてのFREETEL SIMの利用者が対象。申し込みも不要で、本日より一部メッセンジャーアプリはデータ通信料が無料となります。

対象はLINEおよび中国で普及する WeChatです。具体的には、テキスト・スタンプ・画像の送受信の際に発生するパケット通信が無料に。ただし音声メッセージやビデオ通話は対象外となります。

LINEアプリの場合


WeChatアプリの場合




LINEなどのデータ通信料を無料とする理由について、FREETELの増田薫社長は以下のように語りました。

例えば小学生に2年契約のiPhoneを渡しますか?う〜んってなると思う。我々はスマートフォンを1万2800円から、SIMはデータ専用なら299円から提供している。2年縛りはなく、いつやめても平気。学生はLINEなどのSNSでコミュニケーションをとられている。その部分をゼロ円にすることで、もっと気軽にスマートフォンを持たせようという市場を拓くことができる。

なお通信料無料にTwitterやFacebookが含まれないのが残念ですが、FREETELの増田社長によると、第2、第3弾を用意しているとのこと。今後の拡大に含みを持たせた形です。

スマートフォンのパケットプランはこれまで、1GB、2GB、5GBといった形で、容量ごとに区切るのが国内外を問わず主流となっていますが、今後はFREETELのように、◯◯アプリを使う際は通信無料というようなSIMの新たな付加価値が広がることに期待したいところです。
FREETELの格安SIM、LINEのデータ通信が本日から無料に。ただし音声・ビデオ通話は除く
広告

0 コメント

広告