Sponsored Contents

kddiの最新記事

Image credit:

au、「2年縛り」自動更新を廃止する方針。田中社長が明言との報道 (追記:KDDIがコメント)

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年3月11日, 午後01:00 in Kddi
2672 シェア
732
1483
220
23
214

注目記事

人気記事

アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など

アマゾンがKindle半額セール実施。プライムなら新Kindleが6割引3480円、Paperwhiteが5割引6980円など

View


長期契約による割引を受けられる一方、途中解約時に違約金を課せられる、いわゆる「2年縛り」について、auが来年度中に自動更新を廃止する方針だと産経新聞が報じました。同紙によると、田中孝司社長がインタビューで廃止について明言したとのこと。

現状、2年縛りは3年目以降にも自動更新され、自動更新するかしないかを決められる解約月は、わずか1か月間。解約月以外に解約すれば1万円の違約金が発生します。このため、消費者や総務省から意図しない契約更新が相次いでいると問題視されていました。

NTTドコモは先日、2年縛りの解約月を従来の1ヶ月間から2ヶ月間に延長したと発表。これは2年縛りへの批判を和らげる狙いがありました。

ただそもそも総務省が問題視していたのは、2年縛りの解約月の短さだけではありません。長期契約を優遇するために最初の2年を縛るのは仕方ないにせよ、3年目以降も自動更新するというのはおかしいという、自動更新そのものに対する批判がありました。今回の報道が事実なら、KDDIは自動更新そのものの廃止という抜本的な改善に乗り出すことになります。

なおEngadgetでは現在KDDI広報部に問い合わせ中。返答があり次第追記します。

追記:KDDI広報部から返答がありました。内容は次のとおりです。
お客さまニーズや市場動向を踏まえ検討している。具体的な内容については決まっていない。 (田中社長から)自動更新の制度見直しも含め、様々な検討を行っていると言った主旨の発言はあったが、前述のとおり、具体的な内容については、決まっていない』

Source: 産経新聞
関連キーワード: kddi
2672 シェア
732
1483
220
23
214

Sponsored Contents