Sponsored Contents

companyの最新記事

Image credit:

KDDIとカカクコムが合弁会社設立へ。飲食店向け予約台帳アプリをタブレットとセットで提供

TOKORO KEI
2016年3月11日, 午後03:20 in Company
323 シェア
75
128
23
2
95

注目記事

人気記事



KDDIと、価格.comや食べログなどを運営するカカクコムが、合弁会社を設立することで合意したと発表しました。カカクコムが飲食店向けに提供する予約台帳アプリ「ヨヤクノート」の普及推進が合弁会社設立の目的としています。

カカクコムといえば、口コミグルメサイトの食べログで知られ、飲食業界にも深く関わっています。そんな同社が飲食店の業務支援にも事業を拡大し、2月にサービスを開始したのが予約台帳アプリ「ヨヤクノート」です。

電話やメール、食べログなどから申し込まれた予約を管理し、リストやタイムテーブルで視覚的に表示できます。また、ダブルブッキングの自動検知、顧客台帳の自動作成など、予約管理の業務負担の軽減に繋がる機能を多数備えています。

KDDIとカカクコムが設立する合弁会社では、ヨヤクノートを導入する飲食店に対して、KDDIが初期設定などを行ったタブレットを提供することになりました。両社それぞれの強みを活かし、同アプリの普及を推進していく考えです。さらに、周辺サービスとして、飲食店への決済ソリューションの提供や、集客のための販促システムの提案なども行っていくとしています。

合弁会社の設立予定日は2016年4月1日。資本金は300万円で、出資比率はKDDIが51%、カカクコムが49%となっています。

Source: KDDI
関連キーワード: company, kakakucom, kddi
323 シェア
75
128
23
2
95

Sponsored Contents