Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:

Amazonで『仮面ライダーアマゾンズ』独占配信。養殖VS野生の激突?を描く新作、4月1日から毎週金曜公開

Kiyoshi Tane
2016年3月18日, 午後07:20 in Amazon
1398 シェア
765
503
20
10
100

注目記事

人気記事



Amazonプライム・ビデオにて、仮面ライダーシリーズ新作『仮面ライダーアマゾンズ』が4月1日からスタートします。昭和から平成へと続く仮面ライダーの歴史の中でも、シリーズ最大の異色作と言われる第四作(1974年〜1975年)「仮面ライダーアマゾン」の完全新生リブート版として製作されます。

エピソード公開はテレビ放送と同じく、毎週1話ペースでの更新。新作配信は金曜日ごと、全13話を予定。Amazonプライム・ビデオの独占配信作品です。




今年45周年を迎えた「仮面ライダー」シリーズ。今月26日に元祖1号(スーツの中身含む)・藤岡弘、氏が再び本郷猛を演じる映画『仮面ライダー1号』の公開を控えているいま、もう一つの昭和ライダーが装いも新たに復活を遂げます。毎年オールライダー映画で帰ってきてる気もしますが、パラレルワールドなのでしょう。

amazon

本作は、いわゆるニチアサ(日曜朝の7時半〜8時台のスーパー戦隊シリーズと仮面ライダーシリーズの時間枠)とは差別化をはかった展開とのこと。アメコミヒーローもかくやのストーリー作劇と挑戦的な映像をうたっています。

アマゾン"ズ"というとおり、今回の主役ライダーは二人で、そのコンセプトは「養殖VS野生」。野性的な仮面ライダーアマゾンアルファ(演:谷口賢志氏)と、養殖物らしい仮面ライダーアマゾンオメガ(演:藤田富氏)を軸に様々な思惑が交差し、謎が謎を呼ぶ展開になるとされています。

amazon

アルファは昭和オリジナルを引き継いだ野性的なラインで、オメガはスタイリッシュに洗練された平成の系譜に連なるデザイン。ちなみにアルファの谷口氏は『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のゴーブルーを演じていた元ヒーローです。

予告編では「この街に4000匹いるアマゾン」と増えすぎたブラックバスのようなキーワードや、「外の世界を知らない青年」=養殖と「自分で殺したものしか食わない」=野生の対立構図が鮮明に打ち出されています。獲物を引きちぎって欠損させるシーンは昭和版の大切断を思わせ、確かにニチアサでは無理そうな演出です。脚本は小林靖子氏とのことで、『仮面ライダー龍騎』などの心に刺さる極限ドラマが蘇るかもしれません。

amazon

何かが足りないと思ったら「アーマーゾーン!」という変身の雄叫びとパートナーのモグラ獣人。クールに「アマゾン」とつぶやく二人が上半身裸で叫ぶようになるのか、ヒロイン二人がモグラ獣人に改造されるのか気にかけながら、配信スタートを待ちたいものです。

なお、Amazonと仮面ライダーアマゾンのダジャレコラボはこれが初めてではなく、数年前に「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾン Amazon.co.jp (R) EDITION」が通過した地点なので念のため。

1398 シェア
765
503
20
10
100

Sponsored Contents