3月22日2時からのアップル「Let us loop you in.」イベントが待ち遠しい iPhone SE(仮)について。現行の 5sを置き換える4インチ画面のエントリーモデルになるとみられる iPhone SEですが、外見も5sとかなり似ているようです (トップ画像はiPhone 5s)。

iPhone SEについてほぼすべてのソースが一致するのは、現行のiPhone 5s を置き換える廉価版であること。

名称については、iPhone 6世代の廉価版なのでiPhone 6cではないか、いやフラッグシップと同列にしないため iPhone 5se (Special Edition?)らしい、または iPhone 5E という説もありました。

「SE」と「5E」はうっかりすると見間違えそうな字面ですが、つい先日中国のWeiboに投稿された「流出パッケージ写真」と称する画像では、5Eの見間違いではなくはっきりSEと書かれています。



外見については、最初期の説では「5sのように直線的なエッジ」とも「6のような曲面」ともいわれ混乱がありました。最新のうわさでは全体に5sとほぼ変わらないものの、5sでは斜めにカットされてキラキラと目立っていたエッジが、もっと目立たない丸みを帯びた形状になるとされています( Mac Rumors 9to5Macの「信頼できる情報筋」証言など)。

キラキラカット部分が丸いならば見た目は6に近いようにも思えますが、背面は6 / 6sのようにアンテナ線で分割されたアルミではなく、5sのようにアルミと上下ガラス帯のツートンになるとのこと。

上記のパッケージ写真を投稿したWeiboユーザーの@ttsmile_d氏は、iPhone SEはローズゴールドを含む4カラーバリエーションになるとも主張してます。6や6 Plusでは大きすぎるので5sのまま粘っていたけれど、ゴールドやローズは羨ましかったというユーザーには乗り換えの理由になるかもしれません。

肝心の中身については、iPhone 6s / 6s Plus と同じA9プロセッサ搭載説が有力。6s世代の目玉機能 3D Touch こそ期待できないものの、5sのように複数年にわたって販売するモデルでれば、登場時にはエントリーらしからぬ強力な中身でも不思議はありません。

以上、打率の高いソースからの情報もそうでないものもありますが、いずれにせよ正式発表まではうわさにすぎません。iPhone SE(仮)や 9.7インチiPad Pro(仮)、Apple Watch新ラインナップの発表が見込まれるアップル スペシャルイベントは現地で3月21日、日本時間では3月22日の午前2時から開幕予定。Engadgetでは例によって速報体制でお伝えします。
広告

0 コメント

広告