MMD研究所は、格安SIMの利用率や主に使っている格安SIMサービスなどについて調べる『2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査』を実施し、その調査結果を発表しました。インターネットを介して調査し、有効回答者数は15歳~69歳の男女3万5061人、調査実施期間は3月2日~5日です。

2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査

すべての写真を見る

8 枚


本調査では、まず格安SIMを利用しているかどうかたずねたところ、利用していると回答した人は11.5%(4018人)という結果になりました。

Other

格安SIMを利用していると回答した人に、メイン利用している格安SIMサービスを質問すると、トップはOCNモバイルONE(16.4%)、そして楽天モバイル(15.9%)、IIJmio(11.3%)と続きました。また、利用しているすべての格安SIMサービスについて聞いた質問でも上位の順位に変動はありませんでした。

Other

続いて、メイン利用している格安SIMサービスの契約プランの種類をたずねる質問では、音声通話プランが46.7%(1875人)、データ通信プランが53.3%(2143人)と、ほぼ半々となりました。

Other

契約プラン別に利用しているSIMサービスについても調査を行いました。音声通話プラン契約者は、楽天モバイル(21.9%)、OCNモバイルONE(11.3%)、IIJmio(10.2%)の順に人気で、データ通信プラン契約者は、OCNモバイルONE(20.9%)、IIJmio(12.2%)、楽天モバイル(10.6%)と続く結果になりました。

音声通話プランでは6位のイオンモバイルがデータ通信プランでは10位以下に。また音声通話プランでは10位未満だった0sim、ぷららモバイルがデータ通信プランでランクインするなど、順位に違いが見られます。

Other

メイン利用する格安SIMを挿しているデバイスについてたずねたところ、Androidスマートフォンが52.7%(2118人)で最も高く、続いてiPhoneが23.2%(931人)、タブレットが13.4%(540人)、モバイルルーターが9.4%(377人)という結果になりました。

Other

また、デバイス別に利用している格安SIMサービスでは、AndroidスマートフォンまたはiPhoneユーザーは楽天モバイルが首位。タブレット・モバイルルータユーザーは、OCNモバイルONEの利用率が首位となっています。

Other
格安SIMで人気はOCN・楽天モバイル。メイン利用の音声&データ契約比率は同程度:MMD調べ
広告

0 コメント

広告