Sponsored Contents

ウェアラブルの最新記事

Image credit:

VRゴーグル対応。『マチェーテ』ことダニー・トレホと相席する「殺気あふれるランチ」体験をどうぞ

Munenori Taniguchi
2016年3月24日, 午後12:37 in Dannytrejo
910 シェア
206
601
14
5
84

注目記事

人気記事


もしあなたがサムスン Gear VRGoogle CardBoard などの VR ゴーグルをお持ちなら、いつでもハリウッドスターと一緒にランチが食べられます。ただし、相席してくれるのは『マチェーテ』ことダニー・トレホです。

ダニー・トレホといえば、映画監督ロバート・ロドリゲスの従兄弟で、日本ではロドリゲス作品『スパイ・キッズ』での叔父さん役が有名な映画俳優(にして元囚人)。2015年はロサンゼルスにタコス店も開店しました。

ロドリゲス映画の常連であり、クエンティン・タランティーノとも深いつながりをもつトレホは、初主演作『マチェーテ』で、ロバート・デ・ニーロやスティーブン・セガールといった豪華脇役陣をぶっ殺す主人公マチェーテを演じ、カルト的人気を獲得しました。さらに2作目の『マチェーテ・キルズ』もメル・ギブソン、チャーリー・シーン(カルロス・エステベス名義)、レディー・ガガなどが出演して話題となったほか、すでに3作目の制作も決定済みだとか。



Ganglebot Films が公開したのは、自身のタコス店「Trejo's Tacos」でダニー・トレホが目の前に座り、リラックスした様子で黙々とタコスを食べるだけの動画。しかしさすがは元囚人ハリウッドスター。すでに70歳を超えているにもかかわらずその眼光は鋭く、少しでも動くと山刀で瞬殺されそうな殺気を放ちます。

実は、この動画は2種類が用意されており、ひとつは上に記した2D版。もうひとつは各種 VR ゴーグルに対応するVR版になっています。VR版の動画では2D版以上にリアリティあるダニー・トレホとのランチが楽しめ、やたらべたつく冷たい汗もかけそうです。そして、ふと左に眼をやると...さらに後ろは....トレホファンならもう生きて店から出られないと思うであろうこのシチュエーション、ぜひともタコスを用意しVRゴーグル着用のうえでご体験ください。



ちなみに、動画を公開した Ganglebot Films は、 「酔っ払いが脚本を書き、酔っぱらいが演じる」という、酔っ払い以外考えつかないであろうコンセプトのパロディ短編「The Drunkシリーズのプロダクション(?)。The Drunk は、役者の酔っ払いっぷりと無駄にクオリティの高い特殊効果、さらにまったく収拾がつかないビハインド・ザ・シーン動画が見ものとなっています。

下は2013年公開の『マチェーテ・キルズ』のトレイラーと、2015年のスーパーボウルで流された「Snickers」のCM。

Sponsored Contents