docomoの最新記事

Image credit:

NTTドコモ版「iPhone SE」は実質1万368円から。データSパックでは月サポが1万円以上減額

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年3月25日, 午後11:10 in Docomo
313 シェア
40
187
6
1
79

注目記事

人気記事

ニンテンドースイッチの予約は21日朝9時から、店頭とネット同時。色が選べるマイニンテンドーストアは23日開店

ニンテンドースイッチの予約は21日朝9時から、店頭とネット同時。色が選べるマイニンテンドーストアは23日開店

View
任天堂スイッチ、本体買い換えでもVCの「引っ越し」不要に? 「ニンテンドーアカウントと購入はひも付け可能に」と明言

任天堂スイッチ、本体買い換えでもVCの「引っ越し」不要に? 「ニンテンドーアカウントと購入はひも付け可能に」と明言

View


NTTドコモは、3月31日に発売する「iPhone SE」の価格を発表しました。本体価格は16GBモデルが5万7024円、64GBモデルが6万9984円。また2年間継続利用時の実質価格は16GBモデルが1万368円、64GBモデルが1万9440円となっています

iPhone SEの価格は下記のとおりです。


NTTドコモ版iPhone SEは、64GBモデルの実質価格が、au・ソフトバンクに比べて3000円ほど割高になっています。なお、5月31日までの期間限定で、FOMAからXiへの契約変更の場合の月々サポート額をさらに1万368円増額するとしています。

なお、データSパックまたはシェアパック5を利用している場合、上記金額から月々サポートが1万0368円減額されます。この場合の実質価格は、16GBモデルが2万736円、64GBモデルが2万9808円で、au・ソフトバンクに比べてかなり割高です。データMパック以上への契約を促すことで、一人あたりの通信料収入を増やしたいNTTドコモの思惑も透けて見えます。

Source: docomo
関連キーワード: docomo, iphone, iphone se, iphonese
313 シェア
40
187
6
1
79