Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

安心してください、壊れていませんよ! iPhoneの画面が下に移動する現象を元に戻す方法:iPhone Tips

今西絢美(AYAMI IMANISHI)
2016年5月13日, 午後12:40 in Apple
189シェア
0
189,"likes":53
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


iPhoneを使っていて「突然画面が下に移動してしまった」経験はありませんか? 事情を知らないと故障したのではないかと心配するかもしれませんが、その必要はありません。これは「簡易アクセス」という、iPhoneを片手で操作しやすくするための機能です。さらに片手操作に便利なiPhoneにしたい場合は、合わせてキーボードアプリを見直してみましょう。

「簡易アクセス」とはどんな機能?


この機能は、iPhone 6/iPhone 6 Plus 以降の機種(iPhone SE 除く)で使えます。この機能が使えるiPhone 6や6 Plus系は従来のモデルよりも画面が大きくなっているため、片手で持ったときに端末の最上部などに親指が届きにくくなっています。そんな悩みを解消するための機能として搭載されたのが「簡易アクセス」なのです。

簡易アクセスをオンにするには、ホームボタンをダブルタップします。「押す」のではなく、iPhoneの画面をタッチするのと同じように、「触れる」のがポイントです。するとオン状態となり、画面の表示が下にずれます。

これを元に戻すには、再度ホームボタンをダブルタップすればOK。(アプリ画面ではなく)ホーム画面の場合であれば、画面を上にスワイプすることでも解除できます。


▲ホーム画面やアプリの起動中にホームボタンをダブルタップすると、画面が下半分に集約されます。


▲「簡易アクセス」がオンになっている状態では、このまま画面をスクロールすることが可能(写真=左)。ホームボタンを再度ダブルタップすると、通常表示に切り替わります(写真=右)。

簡易アクセスをオフにするには

片手操作に便利な簡易アクセスですが、冒頭でも紹介したように、意図せず画面表示が切り替わると驚く方もおられるでしょう。こうした意図しない作動を防ぐ、つまり簡易アクセスをオフにするには、設定アプリから行ないます。

「設定」アプリを起動し、「一般」の「アクセシビリティ」を開きます。「簡易アクセス」という項目がオンになっているので、ここをタップしてオフにしましょう。


▲「設定」アプリを開き、「一般」をタップ(写真=左)。続いて「アクセシビリティ」をタップします(写真=右)。


▲「簡易アクセス」の項目をタップしてオフにしましょう。

片手操作がしやすいキーボードアプリを使う


簡易アクセスは片手操作をしやすくするための機能と紹介しましたが、上下の移動こそできるものの、左右の移動には対応していません。そのため、文字入力を行なう際などは、簡易アクセスを使っても片手では操作が難しい局面が出てきます。

そんなときに役立つのが、「ATOK for iOS」(1600円)や「Simeji」(無料)などのサードパーティ製キーボードアプリです。これらのキーボードアプリは、キーボードを右寄せや左寄せにできるという標準キーボードにはない機能があり、片手でもキーに指が届きやすいよう配慮されています。

なお、キーボードアプリを使うには、App Storeからアプリをダウンロードするだけでなく、「設定」アプリの「一般」 「キーボード」で新しいキーボードを追加する必要があります。追加するキーボードアプリを選択したら、アクセスを許可しましょう。

「Simeji」の場合、キーボードを左右に寄せる設定は、「Simeji」アプリの「設定」 「片手入力」をオンにすると有効になります。キーボードが右寄せで表示され、右手での入力がしやすくなります。いろんなキーボードアプリを試して、自分が使いやすいアプリを見つけましょう。


▲キーボードアプリをインストールし、「設定」アプリを開きます。続いて、「一般」 「キーボード」の順にタップ(写真=左)。次画面で「キーボード」をタップします(写真=右)。


▲「新しいキーボードを追加...」をタップ(写真=左)。追加したいキーボードを選択します。ここでは「Simeji」を選択(写真=右)。


▲キーボードの一覧に戻るので、「Simeji」をタップ(写真=左)。アクセスの許可の確認画面が表示されたら、「許可」をタップします(写真=右)。


▲「Simeji」アプリを起動し、「設定」の「片手入力」をオンにします(写真=左)。メモやメールなどキーボード上の地球儀のアイコンをタップすると、「Simeji」での文字入力が可能になります。この状態ではキーボードは右寄せで表示されますが、左端にある左向きの三角ボタンをタップすると左寄せ状態になります(写真=右)。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, iOS, iPhone, iphone 6, iPhone 6 Plus, iphone tips
189シェア
0
189,"likes":53
0

Sponsored Contents