Sponsored Contents

androidwearの最新記事

Image credit:
Save

アプリの単独動作に対応の『Android Wear 2.0』発表。新UI、ウォッチフェイスやキーボード入力など機能向上多数

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年5月19日, 午後12:40 in Androidwear
168シェア
0
168,"likes":57
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
Googleが開発者向けカンファレンスGoogle I/Oで、Android Wear 2.0を発表しました。最大の新機能はスタンドアロンアプリに対応したところ。そのほか新UI、音声入力AI「Smart Reply」やキーボード入力に対応、フィットネス機能やウォッチフェイスのカスタム性も強化しています。

Googleみずから「プラットフォーム始まって以来最大のアップデート」と称するAndroid Wear 2.0は、その言葉どおり多岐にわたる機能強化をはかっています。

まず最大の変化はスタンドアロンアプリが実行可能になったこと。これまではスマートフォンの手助けが必要だったところが、BluetoothやWiFi、または対応しているスマートウォッチならLTEといった自前の通信環境でインターネット接続が可能となりました。これはたとえば、スマートフォンを忘れてランニングに出かけても、機能的には音楽ストリーミングサービスで好きな曲を聴きながら走れるということ。もちろんフィットネス系アプリも動作させられます。さらにスマートウォッチだけでアプリを検索しインストールするといったことも可能となるはずです。

またiPhoneとAndroid Wearという組み合わせでスマートウォッチを使っていたユーザーはこれまでiPhoneがフル機能のAPIを開放していなかったために多少の機能制限がありましたが、単独で動作が可能となるAndroid Wear 2.0ではそうしたハンデキャップも解消されることになりそうです。

フィットネス機能の強化もAndroid Wear 2.0のトピックのひとつ。新たに搭載されたActivity Recognition(活動認知)API機能は、ユーザーの動作を自動でトラッキングし、アクティビティ開始と判断すれば自動的に対応アプリへの記録を開始することが可能となりました。ただ、現在のところ「アクティビティ」として認識可能なのはウォーキング、ランニング、バイクの3種類だけのようです。

ウォッチフェイスは、Complications APIによって他のアプリからの情報をウォッチフェイスに透過的に表示することも可能となりました。たとえばカレンダーや月齢図、消費カロリーといった情報をひとつのウォッチフェイス上にまとめて表示可能となりました。
 


 
画面表示では全体的なUIにも手が加えられています。たとえばアプリのランチャーは通知に対してよりアプリの起動がしやすくなったとのこと。円型ディスプレイへの対応も改善しています。

その他、操作関連では音声入力AIによる「Smart Reply」に対応、テキスト入力ではキーボード入力機能が新たに追加されました。

Android Wear 2.0 はデベロッパープレビュー版がすでに公開済み。ただし現時点で対応するスマートウォッチはLG Watch Urbane 2nd Edition と Huawei Watchの2種類のみです。動作環境が入手できない場合は、テスト用エミュレーターが用意されています。正式版の公開は秋ごろを予定しています。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

168シェア
0
168,"likes":57
0

Sponsored Contents