Sponsored Contents

pebbleの最新記事

Image credit:

ハッカブルな超小型ウェアラブルPebble Core発表。3GとGPS内蔵、スマートウォッチのホストや追跡タグになるクリップ型コンピュータ

Ittousai , @Ittousai_ej
2016年5月25日, 午後10:01 in Pebble
1831 シェア
813
341
185
21
471

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



通好みのスマートウォッチで知られる Pebbleが、同社初の非ウォッチ型ウェアラブルデバイス Pebble Core を発表しました。

Pebble Core は手の中サイズの筐体に3G対応マイクロSIMスロット / WiFi / Bluetooth / GPS / マイク/ 物理ボタン etc を詰め込んだハッカブルなマイクロウェアラブル・コンピュータ。



Pebble Core の基本機能は、有線またはBluetooth ヘッドホンと接続して音楽再生 (3G / WiFi経由のSpotifyストリーミングまたはローカル4GBストレージから)、ランニングのペースや距離などGPSを使ったフィットネス系音声通知、マイクを使った音声ノート、緊急時の位置情報付きSOS SMS送信など。

新型スマートウォッチ Pebble 2 / Time 2とリンクすれば、エクササイズにスマートフォンを持ち歩く必要がなくなります。



面白いのは、スマートウォッチとリンクせずPebble Core 単体でも使える点。単体でインターネットにつながるAndroidベース端末として、貴重品やペットに付けて3G対応GPSトラッキング端末にする、どこでもワンボタンでUberなどネットサービスをトリガーする、位置情報と連動した万能リモコンやスイッチなど、発想次第でさまざまな使い方ができます。



バッテリーはGPSトラッキングやオフライン音楽再生で9時間。充電には無線充電パッドが用意されます。

開発者いわく、スマートウォッチのPebble と『ウルトラウェアラブル』の Pebble Core は、ランナーに必要な機能を2つに分けて実現する製品。ウォッチのPebbleは心拍センサやディスプレイとして、Core はGPSやセルラー通信を担当する超小型ホストとして機能します。



Pebble Core はスマートウォッチPebble 2 / Time 2とともに Kickstarter で出資を受け付けています。Pebble Core が成功時の見返りに届く出資額は、そろそろ無くなりそうな早い者勝ち先行価格がひとつ69ドル、そのあとのKickstarter出資者には79ドル、市販時には99ドルになる予定。いまのところ2017年1月の出荷見込みです。







なお Pebble といえば、かつて 初代が Kickstarter 初の調達額1000万ドル超えを、二代目が2000万ドル超えを果たした製品。すでに製品版も市販実績がありアプリ開発も盛んなPebbleらしく、今回の Kickstarterキャンペーンも目標額の100万ドルを数時間で達成し、すでに600万ドル以上を集めています。

Source: Kickstarter
関連キーワード: pebble, pebblecore, SmartWatch
1831 シェア
813
341
185
21
471

Sponsored Contents