Sponsored Contents

announcementの最新記事

Image credit:
Save

Playstation VR、初期出荷は品薄になる見込みとソニーが予告

Kiyoshi Tane
2016年6月16日, 午後06:45 in Announcement
755シェア
200
475
0
80

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

View

ようやく今年の10月13日(木)に発売が決定したPlayStation VR(以下PS VR)ですが、早めに予約を入れておかないとお手元に来るのが遅れそうです。ソニーのゲーム部門SIE (ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のグループCEO アンドリュー・ハウス氏はCNBCのインタビューで「初期出荷の台数が厳しめなので、品薄を覚悟しておいたほうがいい」と予告しています。

ハウス氏はCNBCの独占インタビューで「この製品(PS VR)の生産には限りがあると確信を深めつつあるが、最大限の努力をしている」と述べており、発売直後の品薄をほのめかしています。と同時に「バーチャルリアリティ(以下VR)はまだ幼年期のメディアだ。極めて斬新なストーリーテリングの形でもあり、ユーザーがどう受け止めるかは分からない」とコメントしており、斬新すぎるがゆえの不安も率直に語っています。

PS VR単体の国内価格は4万4980円(税別・以下同じ)でPlayStation Cameraをセットにした「PlayStation Camera同梱版」が4万9980円。HTC Viveが10万7800円(税込)、Oculus Riftが9万4600円(本体8万3800円+送料10800円/税込)と比べても破格の安さです。そうした価格の優位以上に、動作環境が保証されている4000万人ものPS4ユーザーがいることもあり、「VR元年」といわれる今年の大本命には違いありません。

PSVR

ハウス氏もPS VRがVR市場を確立する絶好の機会であると期待を述べつつも、どのぐらいの規模のユーザーを獲得できるかは未知数であると慎重な姿勢を崩しません。そのためソニーはインディーゲーム開発者とともに完全新規のタイトルを創りつつ、一方で『ファイナルファンタジー』や『Batman: Arkham』シリーズなど有名IPのPS VR対応を進めているわけです。

今後のVR市場を占う上でも重要な位置づけのPS VRですが、最新のVR機器と「初期出荷の遅れ」は切っても切れない縁があります。この3月末にもOculus Riftがパーツ不足で一部の配送が遅れ、HTC Viveはクレジットカードの決済関係でちょっとした波乱がありました。日本でのPS VR予約受付は6月18日(土)から。予約の争奪戦に備えて、今から体力を温存したほうがいいかもしれません。

Source: CNBC
関連キーワード: announcement, Delay, playstationvr, psvr, sony, vr
755シェア
200
475
0
80

Sponsored Contents