Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

次のWindows 10大型更新は8月2日に決定。Anniversary Updateでコルタナ・Edge・ペン・ゲームetcが進化

Ittousai , @Ittousai_ej
2016年6月30日, 午前08:01
774 シェア
268
297
27
0
182

連載

注目記事

人気記事

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

View


マイクロソフトは、Windows 10発売以来の大型アップデート Anniversary Update の提供開始日を8月2日に決定しました。



開発コードネーム Redstone 1で知られてきた Anniversary Update は、Windows 10のリリースから1年目にあわせて提供される初の(名前付き)大型アップデート。

主な新機能や強化点としては、

・「コルタナさん」ことデジタルアシスタント Cortana の強化。サードパーティーアプリとの連携やマルチデバイス同期(スマホのバッテリー低下や通知をPCに伝える、Xbox One にも提供 etc)、ロック画面のままでも音声会話で操作など。

Windows Ink によるペン対応機能。ペンのボタンや1タップで呼び出せる Windows Ink ワークスペースから、手描きの付箋メモ・スクリーンショット取得と書き込み・スケッチパッド・手書き対応メモアプリなどをすばやく利用。

セキュリティの強化。生体認証 Windows Hello の Edgeブラウザ対応で、対応ウェブサイトでも顔や指紋認証ログイン。スマホなど対応デバイス側での生体認証でPCをアンロックやログイン、Windows Defender の強化、エンタープライズ向けには高度なマルウェア攻撃対策のWindows Defender Advanced Threat Protection (WDATP)、データ漏洩対策のWindows Information Protectionなど。

Microsoft Edge ブラウザの強化。AdBlock や各種クリッピングツール、パスワードマネージャなど拡張機能への対応。「ウェブ動画再生でChrome や Firefox より最大70%長く使える」という省電力性能のさらなる強化など。

PCゲームとXbox機能の強化。ゲームイベントE3でも示された、ゲーム機とPCの壁、世代の壁をなくす戦略を推進。PCのWindows ストアとXboxストア統合、PCとXbox One でセーブデータや実績を共用する Xbox Play Anywhere、Microsoft Studios 制作のファーストパーティ作品は、今後すべてPlay Anywhere に対応し、買ったゲームはPCでもXbox One でも動くように。

Windows 10 Anniversary Updateは Xbox One にも無償提供されます。追加機能はコルタナ対応(従来の音声コマンドより自然な会話で、デバイスをまたいで同じコルタナと会話して本体操作やストア検索)、バックグラウンド音楽再生など。

前世代機の360では標準対応だったものが、マルチタスクが売りのXbox One では失われた機能のバックグラウンド音楽再生は、発売から3年近くを経てようやく復活することになります。



また開発者向けには、3月の開発者カンファレンス Build 2016 で大きな話題を呼んだ、Bash on Ubuntu on Windows (Windows Subsystem for Linux) も正式に導入されます。


Windows 10 Anniversary Update は8月2日からすべてのWindows 10ユーザーに無料で提供されます。なりふり構わぬ強引な手法が問題となった Windows 10 への無料アップグレードは7月29日に終了するため、Windows 7 以降の対応ユーザーは29日までにアップグレードしていればアニバーサリーも無料で、そうでなければWindows 10のライセンス購入が必要になります。

Source: Microsoft
774 シェア
268
297
27
0
182

Sponsored Contents