Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

ランナーアプリRunkeeperに新機能「ランニンググループ」。共通の目標目指しチャットなどでモチベーションを維持

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年7月27日, 午後05:00 in Android
67シェア
0
67,"likes":5
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
 
ワークアウト系アプリのRunkeeperが、仲間とともに走る「ランニンググループ機能」を追加しました。チャットで互いに連絡を取り合いながら、仲間内で設定した目標を目指して走るためモチベーションを維持することができます。


フィットネス系のアプリは、いったん習慣になってしまえば意外と苦労することなく続けることができるようになるものの、それまでが大変です。そんなとき友人からの誘いや応援の言葉があればなかなか上がらない重い腰も、少しは軽くなるかもしれません。
 

 
Runkeeperの新機能「ランニンググループ」は、最大25人までの仲間でグループを形成し、互いに進捗を見守り合いながらチャレンジを消化することができます。

ユーザーはまず自分で種目を選択してグループを作り、チャレンジの頻度もしくは週間/月間目標距離を設定し、それをどれぐらいの期間続けるかを設定します。グループができたら、今度は一緒に目標に挑戦する仲間をRunkeeperのつながりの中から招待します。

メンバーが集まったら、あとは設定した目標達成を目指し互いにチャットなどで声を掛け合いつつ、頑張るだけです。
 
 
Runkeeperにかぎらず、類似のフィットネス系アプリにはどれもソーシャルネットワーク的な要素があります。たとえば友だちをライバルに見立て、週間のワークアウトをランキング表示するといった方法で、ユーザーのモチベーションを高める工夫が用意されています。Runkeeperのランニンググループ機能は、全員が同じ目標に向かう仲間として一体感を感じながら走れる点が、他に比べて新しいかもしれません。

Runkeeperアプリのランニンググループ機能は、7月26日に公開された最新のRunkeeperアプリ(バージョン7.0)から利用可能です。本格的な夏にさしかかる折、水分、塩分を補給しつつしっかりと汗を流していきたいものです。

以下蛇足。強引に話を話題のポケモンGOに持って行くと、TwitterなどではRunkeeperアプリでのランと同時にポケモン捕獲をこなしている人も見かけます(ユーザーによってはアプリ間でGPSの取り合いになるのか、うまく動かない人もいる模様)。なるほどこれなら一石二鳥...とはいえ、走りながらポケモンGOの画面に集中するのはやはり危険が伴います。もしポケモンに遭遇したら、立ち止まってから捕獲するなど周囲の迷惑にならないようお気を付けください。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

67シェア
0
67,"likes":5
0

Sponsored Contents