Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

ポケモンGO、バグ修正多数のバージョン1.3.0 (0.33.0)が公開。バッテリーセーバー復活、高速移動時警告表示も

Munenori Taniguchi
2016年8月9日, 午後12:10 in Android
440 シェア
91
259
0
90

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

 
米Nianticが、ポケモンGO(Pokémon GO)アプリを更新、バージョン1.3.0(iOS) / 0.33.0(Android)を公開しました。自動車で高速移動中にプレイすると警告を発するようになったほか、iOS版ではバッテリーセーバー機能が復活しています。

なお、アップデート直後は再びログイン操作が必要となりますので、プレイヤー用のアカウントを間違えて「データ消えた!」と焦らないようご注意ください。

交通機能が発達していない地方では、自動車に乗ってポケモンGOをプレイする人も多そうです。しかし当然ながら運転中のプレイは非常に危険です。バージョン1.3.0では、プレイヤーが高速移動をしている最中にアプリを起動すると、「移動速度が早いためプレイを制限しています / 安全のため、走行中のプレイは禁止です」という警告文が表示されるようになりました。もちろん、プレイヤーがドライバーでない場合は、画面下にある「私は運転者ではありません」というボタンを押せばプレイは続行可能です。

一方、歩きながらプレイする人にとってはバッテリーセーバー機能の復活がありがたいところです。バッテリーセーバー機能では、プレイ中にスマートフォンを逆さにすれば画面が暗くなり、うっすらとゲームのタイトルロゴが表示されます。すでにモバイルバッテリーを購入した人も多いかもしれないものの、少しでもバッテリー消費が抑えられれば余裕を持ってプレイできそうです。


右はバッテリーセーバー使用時の画面

 
今回のアップデートではほかにもいくつか大きなバグ修正が含まれています。たとえばモンスターボールを投げて相手に当たった時、「Nice!」、「Great!」、「Excellent!」などと褒めてくれるわりにXPボーナスをくれない経験値やるやる詐欺的なバグが修正されました。さらにカーブボールの曲がり具合やメダルの画像表示間違い、一部のテキストなどが修正され、チームリーダーのビジュアルアップデートも実施されています。

新たな機能として、トレーナー(プレイヤー)のニックネーム変更機能が追加されました。これは、最初の設定でつけたプレイヤーキャラのニックネームを1度だけ変更可能にするというもの。なぜ1度だけなのかはわからないものの、ゲーム開始時に焦ってスペルミスをしてしまっていた人には非常にありがたい機能と言えそうです。
 
 
細かいところでは、画面右下にある「近くにいるポケモン」表示機能が「かくれているポケモン」に名称変更され、キャラの背景に茂みが表示されるようになりました。この機能は英語版iTunesでは一部ユーザー向けのテスト機能扱いとなっているものの、日本語版の場合は記述がありません。更新:日本語版のiTunesでは「かくれているポケモン」とは別に、近くにいるポケモンを探す機能を一部ユーザーを対象にテストしている、との表記となっています。

下は海外ユーザーがテスト中の機能としてツイートしたスクリーンショット。

なお、数日前にNianticがバグと認めた、弱いポケモンでもやたらとボールから脱出し、最終的に逃走してしまうバグは、一部では修正されたという話が出ているもののアップデートの説明文にはやはりそのような記述はありません。プレイヤーの感想にも、依然として比較的捕まえやすいポケモンがモンスターボールからやすやすと脱出、逃亡してしまうという声もあり、この辺のゲームバランスは引き続き調整が必要かもしれません。


440 シェア
91
259
0
90

Sponsored Contents