Sponsored Contents

family computerの最新記事

Image credit:
Save

小型ファミコンNES Classic Edition、ブラウン管モードや中断機能もあり

Kiyoshi Tane
2016年8月9日, 午後03:10 in Family Computer
198シェア
0
198,"likes":55
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

先月7月半ばに任天堂が突如として発表した小型ファミコンNES Classic Edition(11月30日発売)ですが、カナダのフランス語ラジオ番組La Terrasse ÉNERGIEでのインタビューで、Nintendo of Canadaのコミュニケーションズ・マネージャー(投資家向け広報担当)のJulie Gagnon氏が様々な画面モードや中断機能の存在を明らかにしました。元々の放送はフランス語で、海外ゲームメディアのNintendo EverythingとLuigiBlood氏の英訳が情報源となっています。

1985年に発売された海外版ファミコンNES (Nintendo Entertainment System)のデザインをそのまま手乗りサイズに縮小したNES Classic Edition。かつてのRF接続からHDMI出力への現代的なアップグレードに加えて、また新たな機能の搭載が伝えられています。

Julie Gagnon氏によれば、同機は様々な画面オプションを用意しているとのこと。昔懐かしいブラウン管に似せた画面アスペクト比4:3モードの他、各ピクセルを正方形で表示する(現在のディスプレイは解像度が違うため、そのままでは横長ないし縦長で表示される)ピクセルパーフェクトモードもあり。

また、30本の収録ソフト全てについて恒久セーブや一時保存機能も実装されており、パスワードを書き留めたり、最初からやり直す必要もないとのことです。
NES
安価なレトロゲーム互換機では、ソフト収録本数は多かったりしますが、本来はセーブ機能を備えたソフトでも省略されていることがままあります(たとえば新型メガドライブ)。おそらく恒久セーブと一時保存は、3DS用バーチャルコンソールの「まるごと保存」と「中断機能」に相当すると思われ、ぎりぎりジャンプで届かずに落下死が頻発するポイントでも何度もすぐにチャレンジできるうれしさ。他のレトロハードも追随する動きにはずみが付くことが望まれます。

Gagnon氏は同機がどういう客層をターゲットにしているかについても語っています。「かつて遊んで自分の子供たちと一緒に遊びたい人達」や「敵キャラを倒したいが過去には戻れない」世代、それに「マリオを愛していて、その原点はどうだったかを知りたい新世代」とのこと。任天堂はそうしたすべての人達が利用できる形で提供する......ということで、過去のIPを世代を超えた存在に育てたい狙いもあるようです。

内蔵ソフトの中には原作のアーケード版よりも難しい面もあるカプコンの『魔界村』(GHOSTS'N GOBLINS®)も含まれており、世代を超えてレッドアリーマーの恐怖が語り継がれるのかもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: family computer, NES, Nintendo
198シェア
0
198,"likes":55
0

Sponsored Contents