Sponsored Contents

canonの最新記事

Image credit:

キヤノン、EVF内蔵高速AF機『EOS M5』発表。EVF+タッチAF機能やミラーレス初のデュアルピクセルCMOS搭載

Shinichi Sekine , @sekine_s
2016年9月15日, 午後01:30 in Canon
338 シェア
88
148
7
2
93

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事


キヤノンは、有効約2720万画素のCMOSセンサーを搭載するミラーレスカメラ『EOS M5』を発表しました。

2015年3月に発売した『EOS M3』の上位機種。全画素像面位相差AF機能『デュアルピクセルCMOS AF』をキヤノン製ミラーレス機として初めて搭載するほか、連写コマ数の増加や背面液晶の高精細化やEVFの追加、5軸手ブレ補正やBluetooth Low Energyへの対応など、順当な進化を遂げています。

Gallery: EOS M5 | 18 Photos


デュアルピクセルCMOSではイメージセンサーの全画素を撮像用としても位相差AF用としても使える構造になっています。AFの速度面においては、位相差AFの方がコントラストAFよりも有利なので、位相差AFのみでの合焦が可能になったEOS M5は、従来のEOS Mシリーズよりも高速な合焦を可能にしています。

なお、従来のEOS Mシリーズで採用していたハイブリッドCMOS AFでは部分的に位相差AF用の画素を配置し、必要に応じてコントラストAFと位相差AFを併用していました。

外観のデザインはEOS M3から大きく変更されており、上部カバー(いわゆる軍艦部)にはペンタ部を思わせる突起が追加され、新たに約236万ドットのEVFを内蔵しています。

画像処理エンジンはDIGIC 7。EVFを覗きながら背面モニターを親指で操作し、AF枠を動かせる『タッチ&ドラッグAF』を新たに搭載しています。指先が反応する領域はモニター全域のほか、左右半分ずつと四隅の一角(全7種類)に細かく切り替えられます。

機能面ではこのほか、MF時の特定エリア拡大表示や、ピントの合っている部分を強調するピーキング、カメラ内RAW現像、60pのフルHD動画記録、タイムラプス動画撮影機能などを搭載。

ボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正を組み合わせて5軸手ブレ補正を動作させる『コンビネーションIS』機能も利用可能になっています。本機能に対応する交換レンズは、9月15日時点で本機と同時発表の『EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM』と『EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM』の2本。

センサーサイズはAPS-C相当。公称の最高常用感度はISO25600。連続撮影枚数はAF追従で約7コマ/秒、AF固定時は約9コマ/秒。液晶モニターは約162万ドットの3.2型チルト式。Wi-FiとNFCを内蔵し、Bluetooth 4.1(LE)にも対応します。

外形寸法は約115.6×89.2×60.6mm。撮影時の重量は約427g。

発売時期は11月下旬。直販価格(税別)はボディのみが11万2500円、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMのレンズキットが12万7500円、EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMのレンズキットが15万7500円、EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMとEF-M28mm F3.5 マクロ ISのダブルレンズキットが18万7500円。

Source: Canon
関連キーワード: canon, eos m, eos m5, MirrorLess
338 シェア
88
148
7
2
93

Sponsored Contents