Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

iPhone 7に機種変更したい気持ちがトーンダウンした3つの理由

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年9月22日, 午前10:00
810 シェア
219
231
0
360

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

View


ついに発売されたiPhone 7 / iPhone 7 Plus。『iPhone 6sのマイナーチェンジに留まる』という事前の予想に反し、防水やFeliCaに感圧式ホームボタン、そして大半のMacBook Airよりも高速なA10チップなどなど、中身は大幅なアップグレードとなりました。特に尖ったギミックである「デュアルカメラ」を自然な形で実装したのはさすがアップルといったところ。発表会をリアルタイムで見ていた筆者もかなり物欲が湧いたのですが...

Gallery: iPhone 7 Plus ファーストインプレ(太田百合子) | 8 Photos

オススメ記事


前述の通りiPhone 7 / 7 Plusには非常に好印象だったのですが、9月9日の事前予約に乗り遅れてしまい、発売日の入手は不可能に... その(言い訳の)ため、筆者はiPhone 7 / 7 Plusが本当に魅力的なのかを、一度立ち止まって冷静に考える期間を得ました。すると今、下に挙げる3つの理由により、iPhone 7 / 7 Plusが欲しいという気持ちがトーンダウンしています。

理由1:デュアルカメラは"デカイ"7 Plusだけ

筆者にとってiPhone 7シリーズの最大の魅力は「デュアルカメラ」です。これは広角と望遠の2つのレンズを左右に並べることで、光学2倍ズームを実現するというもの。これにデジタルズームを組み合わせれば、2倍より先のズーム品質も改善できます。筆者は仕事柄、記者会見でプレゼンのスライドを撮影することが多く、『iPhoneで光学ズームが使えれば、もうカメラを持ち歩かなくてもいいかも』とワクワクしたわけです。



iPhone 7 Plusの『二眼』光学ズームの衝撃。iPhone 7も光学手ブレ補正や新センサで高画質化

ところが、このデュアルカメラを搭載するのは、5.5インチとデカイ「iPhone 7 Plus」だけ。筆者は5.7インチのGalaxy Noteシリーズを日常的に使っていたことがあり、5.5インチも決して使いにくくはないと理解しているのですが、最近は「やはり片手で扱いやすい小型なスマートフォンがいいな」と感じているところ。iPhone SEまではいかなくても、4.7インチの無印iPhone 7が筆者のベストサイズです。

このため、光学ズームのためにサイズを妥協して、5.5インチのiPhone 7 Plusを毎日持ち歩く自分の姿を、いまいち想像することができませんでした。サイズの小さいiPhone 7を選べば、デュアルカメラという魅力が失われるわけですから、こちらも選択肢からは外れます。なお来年(2017年)のiPhoneでも、デュアルカメラを搭載するのはPlusだけという噂もあり、いずれは妥協せざるを得ないのかもしれません。


理由2:インカメラが広角になっていない

iPhone 6sシリーズで不満に感じたのがインカメラの画角でした。インカメラが広角な機種が多いAndroidのフラグシップでは、複数人の自撮りも手を伸ばさずに容易です。一方でiPhone 6sではインカメラの画角が狭く、背景が映り込む自撮りをするには手を遠くまで伸ばす必要があり、不満に感じていたというわけです。iPhone 7 / 7 Plusではこの画角の改善を期待したのですが、iPhone 6s PlusとiPhone 7 Plusで撮り比べると下記のような感じに。


▲iPhone 7 Plus


▲iPhone 6s Plus

上の写真を見て分かる通り、画角は変わらないという残念な結果に。一方で、インカメラの画質はかなり向上しているように感じます。またiPhone 7シリーズでは液晶がかなり良くなっており、6sと見比べると「ここまで変わるのか」と驚くほど。写真を綺麗に撮ることができるカメラ性能の改良と、写真を綺麗に表示する液晶が改良された相乗効果により、トータルの自撮りのクオリティは目に見えて向上しています。それだけに、画角が広がらなかった点が悔やまれます。

理由3:白系統の新色も欲しかった

iPhone 7 / 7 Plusでは、新色としてジェットブラック・ブラックが追加されました。とても美しいのですが、黒系統の弱点は、コーティングが剥がれるとベゼル周りの指紋が目立つこと。



ジェットブラックでは背面にも指紋が付きます。これを避けるために白系統を選ぶと、iPhone 6sシリーズと同じカラーリング、かつ6sからデザインがほとんど変わっていないということもあり、新製品を手に入れたという感じがあまりしません。デザインが6sとほぼ同じなら、せめて白系統にも新色を用意してくれればよかったなというのが率直な印象です。

ここまで、iPhone 7 / 7 Plusのの事前予約に乗り遅れた筆者が、一度冷静になってiPhone 7を買わない理由(言い訳)を3つ挙げてみました。もちろん、お風呂でも使える防水や、FeliCaに対応する点など魅力は大いにあります。特に一般的な買い替えサイクルである2年前のiPhone 6や、その時期のAndroidスマートフォンからの乗り換えならば、その進化は十分に感じられることでしょう。今は強がっている筆者も、そのうちに変えているかもしれないのはあしからずです。


810 シェア
219
231
0
360

Sponsored Contents