Sponsored Contents

droneの最新記事

Image credit:
Save

LEGO、空を飛ぶ。自作LEGOをドローン化するキットが販売開始。15分で完成、壊れてもいい設計

Kiyoshi Tane
2016年9月27日, 午後04:30 in Drone
3816シェア
3220
374
0
222

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

Hirotaka Totsu, 1 時間前
View
Google、AIを太陽系外惑星発見プロセスに応用。機械学習で「見逃していた惑星」を複数発見

Google、AIを太陽系外惑星発見プロセスに応用。機械学習で「見逃していた惑星」を複数発見

View

サンフランシスコのスタートアップが、レゴを使ってドローンを自作できるキットを発売しました。基本キットにはレゴのセットやモーター、プロペラにオープンソースのコントロール基板、それにAndroid/iOS/PC用アプリが付属し、Bluetooth経由で操作ができます。 

レゴは子供から大人まで親しまれ、なんでもできる万能のツール。プロのデザイナーや研究者が構想を固めるために使うこともよくあり、最近は本格的なロボットが作成できる「WeDo2.0」も発売されましたが、また新たな可能性が広がりました。

このキットを発表したのは、2005年に創業したスタートアップのFlybrix。そのチーフ・プレイ・オフィサーを務めるHolly Kasun氏は「これはただの玩具ではなく、世界で最も普及したブロックを用いた教育ツールです」と語っています。

Flybrix
この製品を使えば、たった15分でクアッド(4つのプロペラ)やヘキサ(6つ)、オクタ(8つ)コプターを組み立てることが可能です。もう一つの特徴は「壊れてもいい」設計であること。墜落して壊れても、ブロックやパーツを拾い集めてまた組み立て直せばいいだけのお手軽さ。

Flybrix
サンフランシスコで開かれた製品デモに参加したメディア関係者によると、組み立てたレゴドローンは離陸した数秒後には落ちてしまったそうです。が、そうした「壊してもすぐやり直せる」のがこの製品のいいところ。Kasun氏は、ゆくゆくは学校の授業に採用され、教師の指導のもとで電子エンジニアリング教育に使われる展望を語っています。

製品には10本のゲームを含むソフトが同梱され、直接コントローラーで操作するほか、プログラムによる自動操縦もでき、むしろ大人が楽しめそうなパッケージとなっています。

YouTubeには公式プロモ動画が公開されており、ガレージに工房をかまえる二人の少年が『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のミニ四駆改造ばりにトライアンドエラー。お菓子を口に運ばせたり、大きなブロックを運ばせたりと想像力を無限に羽ばたかせています。

Flybrix
すでに公式サイトで販売しており、基本セットは期間限定で149ドル=約1万5千円(通常価格は189ドル=約1万9千円)、リモコン付属のデラックス版が189ドル=約1万9千円(同249ドル=約2万5千円)。ぎりぎり趣味の範囲に収まりそうな価格も魅力です。

Via: PCMag.com
Source: Flybrix
関連キーワード: drone, lego, startup
3816シェア
3220
374
0
222

Sponsored Contents