Sponsored Contents

Alexaの最新記事

Image credit:

アマゾン、第3世代Fire TV Stick発表。音声アシスタントAlexa対応、価格据え置きでCPU、WiFiなど強化

Munenori Taniguchi
2016年9月29日, 午後01:00 in Alexa
501 シェア
162
159
0
180

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

米アマゾンが、テレビのHDMI端子に直挿しするストリーミング用端末Fire TV Stickの新型モデルを発表しました。3代目となる今回の製品では、価格を40ドルに据え置きながら、ボックスタイプのFire TVと同じ音声アシスタント「Alexa」に対応しました。ただ、4Kへの対応は見送られています。

新しいFire TV StickはCPUがデュアルコアからクアッドコア(Cortex-A7 1.3GHz)となり、処理能力が30%ほど高速化。また、無線機能も802.11ac、Bluetooth 4.1 に対応しました。再生可能な動画ストリーミングフォーマットには、新たにH.265(HEVC)が追加されています。

Alexaに対応した音声入力を使えば、天気情報やスポーツの試合結果、映画やドラマのエピソードなども検索可能で、宅配ピザの注文にまで対応するとのことです。

残念なのはプライムビデオやNetflixなどが提供している4Kストリーミングに対応しないところ。とはいえ、そこまで欲しいのならボックス型のFire TVも充分に安価と言えるので、そちらを選択すればいい話かもしれません。

米アマゾンでは新しいFire TV Stickは9月27日より予約受け付けを開始、10月20日発送開始です。価格は39.99ドル。

下は仕様表(抜粋)

Source: Amazon
関連キーワード: Alexa, amazon, av, entertainment, FireTVStick, gadgetry, gadgets, gear, hdmi
501 シェア
162
159
0
180

Sponsored Contents