Sponsored Contents

mmdの最新記事

Image credit:
Save

VR認知度は既に6割超え。映画やアニメ、ゲームで期待されるが酔いへの懸念も――MMD研究所が15~69歳男女を対象に調査

TOKORO KEI
2016年10月21日, 午後03:00 in Mmd
98シェア
0
98
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


PlayStation VRもついに発売され、VR(バーチャルリアリティー)への注目度がますます高まっています。そんな中、MMD研究所が、VRの認知度などを調べた『2016年10月VRに関する意識調査』を実施し、結果を公開しました。

調査方法はインターネット経由で、15歳〜69歳の男女を対象に実施。事前調査では8820人、本調査では1043人から有効回答を得ています。

Gallery: 『2016年10月VRに関する意識調査』 | 4 Photos

4

まず、事前調査で15歳~69歳の男女8820人に、VRを知っているかを聞いたところ、「知っていて理解している」が45.2%、「知っている」が17.8%、「VRという言葉を知らない」が36.9%となり、6割以上の人がVRを認知していることがわかりました。

このうち、VRを「知っていて理解している」と回答した3992人に、VRに対するイメージを聞いたところ、「映画やアニメを楽しめそう」(37.7%)、「自宅でゲームが楽しめそう」(36.2%)が上位2位となり、とりわけ映画・アニメ・ゲームといったエンターテイメント分野での期待が高いことがうかがえます。一方で、「酔いそう」(35.9%)という回答が3位に入りました。



次に、VRヘッドセットなどをすでに所有している人、または購入予約や購入の検討をしている人、VRを体験したことがある人、機能を理解している人の計1043人に、VRをどこで体験したいかを尋ねたところ、「自宅」が61.7%、「自宅以外」が34.3%となりました。



また、自宅以外のどこでVRを体験したいかを聞いたところ、「映画館」(31.1%)が最も多く、次いで「イベント」(29.6%)、「観光スポット」(28.8%)という結果でした。



なお合わせて、VR関連製品としてはVRヘッドセットやゴーグルに並んで注目される、360度カメラの利用意向についての調査もされています。
VRヘッドセットでも楽しめる360度映像を撮影できるカメラとしては、既にRICOH THETA S/SCやサムスンのGear 360などが販売されています(下記記事を参照ください)。

まるでタイムスリップ! THETA Sで撮影した360度写真をPlayStation VRで鑑賞:週刊VR情報局

リコー、全天球カメラ最上位モデル THETA S 発表。新レンズ&センサで高精細化、スマホでライブ表示、360°動画撮

動画:リコー、写真に特化したカジュアル360カメラ「RICOH THETA SC」。 10月28日発売、3万円前半

THETA対抗の360°全天球カメラ「Galaxy Gear 360」をサムスンが7月15日発売



前述の1043人に、これらの360度カメラについて聞いたところ、「知っていて撮ってみたい」が37.4%、「知らなかったが撮ってみたい」が30.3%となりました。VRに興味を持っている人の7割近くが、360度カメラの利用意向も示す結果となっています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MMD研究所
関連キーワード: mmd, research, vr
98シェア
0
98
0

Sponsored Contents