Sponsored Contents

NZXTの最新記事

Image credit:
Save

天面手前にHDMIを搭載する「VR向けPCケース」が11月発売。マグネット固定式のVRゴーグルスタンドも付属

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2016年10月27日, 午後04:00 in Nzxt
126シェア
0
126,"likes":27
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


自作PC向けケースを中心に、ユニークな製品を発売することで知られる米国のメーカー「NZXT」が、VR向けを謳う自作派向けATX PCケース『S340 Elite-VR』を発売します。日本での販売代理店はタイムリー。市場想定売価は税抜1万4800円、発売は11月8日(タイトル写真は活用例なので中身入りですが、製品はもちろんケースのみです)。

特徴は、天面手前側の端子群にHDMI端子を用意する点。Oculus RiftやHTC ViveといったPC接続型VRヘッドセットで必須となるHDMI端子が手前にあるため、接続と取り外しが格段に楽になります。合わせて付属品にはVRヘッドセットを掛けられる「VRゴーグルスタンド」を用意。全面シーリングドア式のフロントパネルやサイドパネルにマグネットで固定し、かさばるヘッドセットを掛けられます。


気になる天面側HDMI端子の元(カード側の端子)形状は、フルサイズHDMI。汎用性が高いのは嬉しいところです。
一方運用の面では、一般的なビデオカード(グラフィックスボード)は背面側にしかHDMI端子がないことから、背面パネル側のブラケットの隙間などを通して接続する必要があります。本来はEVGAのVR EDITIONカード(下記)など、内部側にHDMI端子を備えるビデオカードとの組み合わせを想定しているのやもしれません。

Riftユーザー以外にも便利。フロントパネルにHDMIとUSB3.0×2を出せるGTX 980TiカードをEVGAが発表

HDMI以外の天面端子は、USB 3.0×2基、USB 2.0×2基、オーディオ出力、マイク入力(3.5mmミニジャック)。このうちUSB 3.0×2は、HDMIと合わせてVRヘッドセット用と位置づけられています。



またVRゴーグルスタンドは、側面にケーブルを巻けるスリットを切った構造。また中央から2つに分割でき、それぞれがマグネットで固定できるため、さまざまな大きさのVRヘッドセットやケーブル長に対応できます。



また左サイドパネルの素材には、昨今のゲーム向けPCケースで採用の多い、透明強化ガラスを採用。パネルを外さずとも搭載しているパーツの状態が確認でき、またドレスアップ系パーツとの相性も抜群です。




基本的な仕様は、ベースとなった既発売モデル『S340』と共通。マザーボード固定用ベースの背面に内部配線をまとめられる、いわゆる「裏配線」構造の自由度の高さなど、S340で定評のあった機構は継承します。



本体サイズは203×474×432mm(幅×高さ×奥行き)、重量は8.13kg。対応するマザーボードの形状(フォームファクター)は、ATXとMicroATX、そしてMini-ITX。背面拡張スロット(ブラケット)数は、ATX規格標準の7基です。



ドライブベイは、上述したように前面全体がシーリングドアで被われるため、全てシャドウベイ扱い。3.5インチ×2基、3.5インチ/2.5インチ兼用が1基、2.5インチ×3基の構成です。

装着可能な冷却ファンは、フロントが14/12cm兼用×2、天面(トップ)と背面(リア)がそれぞれが12cm×1という構成。標準付属ファンは天面と背面のそれぞれに12cm版が装着されています。
水冷用ラジエーターは、フロント側に最大28cmサイズが、リア部に12cmサイズが搭載可能です。



このように、S340 Elite-VRは自作派向けPCケースとしては事実上初となる、VRヘッドセットの取り回しを意識したPCケースです。とくにPC向けVRヘッドセットは、来年に向けてマイクロソフトが299ドルからとなる廉価製品の共通仕様を(詳細不明ながら)発表したため、今後さらに盛り上がることはほぼ間違いない状況。

速報:299ドルからのVRヘッドセット、PC各社が来年発売。Windows 10 PC対応のアクセサリ

こうした流れからすると、今後のPCやPCケースでは「天面や前面側にHDMI端子を搭載する」という、本機で採用した工夫がトレンドとなる可能性も十二分にありえそうです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

126シェア
0
126,"likes":27
0

Sponsored Contents