Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneで人に見られたくない写真は「モーメント」から非表示にするのがベター:iPhone Tips

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2016年11月1日, 午後03:00 in Iphone
152シェア
0
152,"likes":64
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


iPhoneの「写真」アプリ内には、自分で撮影した写真と一緒に、サイト内で保存した写真なども表示されます。写真を友だちに見せようとしたら、保存してそのままになっていた写真も表示されてしまい気まずい経験をした人も多いでしょう。見られたくない写真は非表示に設定するのが得策です。

「モーメント」で特定の写真を非表示にする

「写真」アプリ内には、写真を日付ごと/年ごと/イベントごとに表示する機能があります。これらの機能内では、特定の写真を非表示にできます。ここでは、写真を日付ごとに表示する「モーメント」から写真を非表示にする方法を紹介しましょう。


▲「写真」アプリ画面左下にある「写真」をタップ。「モーメント」画面から非表示にしたい写真を選択しよう(左)。切り替わった画面で、左下のアイコンをタップ(右)。


▲続いて「非表示」をタップ(左)。切り替わった画面で「非表示にする」をタップする。これで選択した写真が「モーメント」に表示されなくなった(右)。

「モーメント」で画像を非表示にしても、アルバム内の「カメラロール」では画像が表示されたままなので注意しましょう。友だちに写真を見せる際は「モーメント」を開くことをおすすめします。なお、写真を年ごとに表示する「年別」や、イベントごとに表示する「コレクション」でも、「モーメント」と同じ手順で写真を非表示にできます。

非表示にした写真を復活させる

非表示にした写真はアプリから消去されたわけではありません。アルバムの「非表示」フォルダからいつでも閲覧できます。写真を元の場所に再表示したい場合は、この「非表示」フォルダから復活作業を行いましょう。


▲「写真」アプリを開き、「アルバム」をタップ。続いて「非表示」フォルダを選択(左)。非表示にした写真が一覧表示されるので、再表示したいものをタップ(右)。


▲切り替わった画面で、左下のアイコンをタップ(左)。続いて「再表示」をタップすると、元の場所に写真を再表示できる(右)。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: iphone, tips
152シェア
0
152,"likes":64
0

Sponsored Contents