Sponsored Contents

gameの最新記事

Image credit:
Save

Steamオータムセールは29日まで開催中!オススメゲームはズバリこれ!(箭本)

昆虫系爽快アクションと、ハクスラ系タワーディフェンス

Shinichi Yamoto
2016年11月27日, 午後08:30 in game
134シェア
0
134
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
11月29日まで行われてる、Steamのオータムセール。筆者のオススメは「地球防衛軍4.1」こと「EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair」と、「Deathtrap」です。

Gallery: Steamオータムセール | 9 Photos

9


■理屈抜きの痛快アクションシューティング、「地球防衛軍4.1」
地球防衛軍4.1」は、「鉄人28号」「超操縦メカMG」など、巨大なモノの表現に定評があるサンドロットが開発したアクションシューティング。
細部までリアルに表現された現代日本の街並みに、エイリアンが飛来。アリやクモといった巨大生物や謎の飛行メカが襲いかかってきます。




エイリアンの戦術は、空と地上を埋め尽くさんばかりの物量作戦。無数の敵を吹っ飛ばすのは爽快の一語。倒しても倒しても新手が出てくる、そんな戦いを小一時間も続けていると、脳から何かの物質が分泌されるのか、細かいことはええじゃないか的なとてもイイ状態になります。


シングルプレイも面白いのですが、本番はネットを経由した最大4人のマルチプレイ。重火器の使い手「レンジャー」、飛行兵「ウイングダイバー」、戦闘メカを呼び出したり空爆を要請する「エアレイダー」、機械仕掛けの槍やハンマーを持つ重装兵「フェンサー」。個性豊かなキャラクターたちが集まり、ある時は助け合い、またある時は武器を誤射して吹っ飛ばし合う......というように、マルチプレイの様相は様々に変化するのです。


PC版は(そこそこのスペックがあれば)ロードが速い上、マウスとキーボードを使えるため、プレイがかなり快適になっています。家庭用ゲーム機で「地球防衛軍4」を遊んだ人も、これを機会にPCでマルチプレイしてみるのも面白いのではないでしょうか。



■ハック&スラッシュ+タワーディフェンス=「Deathtrap」
「ディアブロ」系のハック&スラッシュとタワーディフェンスという、ありそうでなかった組み合わせが「Deathtrap」。進軍するモンスター共を食い止めるのが目的で、純粋なタワーディフェンスというよりは、トラップをうまく使って戦うバトル系アクションRPGとでもいうべき作品です。




モンスターを倒して得た「エッセンス」(お金のようなもの)を支払ってマップの各所にトラップを仕掛けるのですが、敵が強すぎる場合、トラップだけでは食い止めることができません。そんな時は、プレイヤーが操作するキャラクターたちの出番。

ガチムチの戦士系「マーシナリー」ならトラップの援護を受けつつ敵に突っ込み、攻撃魔法の使い手「ソーサレス」は氷の魔法で相手を足止めしてトラップを輔佐、二丁拳銃ならぬボウガンを持つ「マークスマン」は身を隠すクローク能力を使いつつピンポイントで敵を毒に冒していく......と、キャラクター毎に異なる戦術と立ち回りで敵を殲滅していくのです。強力なボスも、トラップと助け合えば怖くありません。動きを鈍らせる氷結ビーム、上に乗った相手にダメージを与える炎の床、仲間モンスターの棲む檻など、トラップの特性を活かして戦いましょう。

敵を倒して特殊効果が付いた装備を集めたり、キャラクターのレベルを上げて新たなスキルを覚えたりとRPG要素も強く、奥深いバトルを気軽に楽しめる快作といえるでしょう。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Stean
関連キーワード: autumn sale, game, PC, steam
134シェア
0
134
0

Sponsored Contents