Sponsored Contents

vrの最新記事

Image credit:

今のVRに足りないのは、触感だ──「世界初」VRに触感を与える靴&手袋をCerevoが発表

発売は2017年秋頃、価格は10〜15万円程度

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年1月4日, 午後05:00 in vr
1020 シェア
390
379
52
13
186

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事


日本発のIoTスタートアップCerevoは、世界初をうたう触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」を開発しました。発売は2017年秋頃で、価格は10〜15万円程度。

振動で触感を再現、コントローラーとしても使える

Taclimは、左右それぞれの手で持つグローブ部と、靴のように装着するセンサー部がセットになった、入出力両対応のVRデバイスです。

それぞれに日本電産セイミツとの協業による、超大型のタクタイル・デバイスを合計8つ搭載。タクタイル・デバイスとは、例えるなら最近のMacBookやiPhone 6s / 7シリーズが搭載するTaptic Engine(タプティックエンジン)のようなもの。通常のバイブレーションとは異なり、非常の細かな振動により、人間に擬似的な触感を与えることができます。

Taclimでは、VR空間の映像や音声に合わせて、シューズとグローブが触感をフィードバック。砂漠や草原、水辺といった地面を踏みしめた時の触感の違いや、キャラクターが装着している靴の種類による感覚をVR世界で再現できるとしています。また、装着者の手足の動きを内蔵する9軸センサーが捉え、VR空間内に反映するVR用入力デバイスとしても機能します。


Taclim向けの開発環境はUnityプラグインとして提供。また、触感データについては、いくつかの基本的な触感をサンプルデータとして公開するほか、独自の触感データを開発することも可能。安価にTaclimを体験できるBluetooth Editionのほか、多数の参加者が集まるイベントなどの業務用に、電波が混雑した環境でも安定した通信が行える920MHz帯に対応したSub-giga Editionの2モデルを用意します。

今のVRに足りないのは、触感フィードバック

Cerevo代表取締役社長の岩佐琢磨氏は、Taclimについて次のように説明します。

「決定的にVRに足りないのは、体に対して触感フィードバックを与えたり、体の動きをVRに反映する、入出力デバイス。誰でも買える形で、触感のフィードバックを受けられる靴、そしてグローブの組み合わせを開発した。(中略) 面白いのはインプットとアウトプットを両方できる点。私がこれを履いて上段蹴りをすると、キャラクターが飛ぶ。私が走ると、VRの世界でもキャラクターが走る」(岩佐氏)

Cerevoは、米ラスベガスで1月5日から開催される国際見本市 CES 2017にTaclimのプロトタイプを出展。ゲーム制作会社のジェムドロップが1月末にリリース予定のPlayStation VR向けタイトル「ヘディング工場」を題材に、同社がTaclim向けに新規開発したVRゲーム「Taclim demonstration with Headbutt Factory」をデモ環境として用意します。なお同タイトルはTaclim発売時にも無償提供予定としています。

Sponsored Contents