Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:

世界に2つしかないウェアラブルスピーカーでONE OK ROCKの新曲を聴く

市販のものとはクオリティーが違います

ACCN , @ACCN
2017年1月10日, 午後03:00 in wearables
220 シェア
71
88
0
61

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGOで世界規模の障害発生、ログイン不可続く。原因を調査中

ポケモンGOで世界規模の障害発生、ログイン不可続く。原因を調査中

View
速報:楽天がFREETELのMVNO事業買収を正式発表。モバイル端末事業はプラスワン・マーケティングで継続

速報:楽天がFREETELのMVNO事業買収を正式発表。モバイル端末事業はプラスワン・マーケティングで継続

View

2017年1月11日(水)にリリースされるONE OK ROCKのニューアルバム『Ambitions』のプロモーションで"着る試聴会"というが渋谷タワレコで実施されており、体験してきました。

"身体で聴け。WEARABLE ONE OK ROCK"と題された当イベントは、20基のスピーカーで16チャンネルを構成した革製のスピーカージャンパーを着用し、ONE OK ROCKの楽曲『We are』が聴けるというものです。



革製ジャンパーとMA-1ジャケット(総称、WEARABLE ONE OK ROCK)。世界に2着しかない、このウェアラブルスピーカーは、メディアアーティストの落合陽一氏が約3ヵ月で作り上げたそうです。



実際に着てみると、思ったほど重たくは感じません。音は着ているジャケットから出ているというより、空間から鳴っている印象。背中の位置にウーファーが仕込まれており、曲の途中辺りから低音がズンズンと全身に響いてきます。これは、テンション上がりますね。落合氏にお話を伺うことができました。



──服から音が出ている気がしませんでした。
落合氏「はい、服の素材や、壁との距離なども影響しています。この楽曲(『We are』)用に個々のトラックを再度、環境に合わせてミックスダウンしている感じですね」

──何をもって完成とするか、難しそうですが......。
落合氏「ええ、実際直前までいじっていました(笑)」



舞台裏の装置に目をやると、ウーファー用の2チャンネルと8✕2の16チャンネルが目視でわかります(一般には非公開)。



個々のチャンネルを楽曲に合わせてカスタマイズできるので、いろいろと応用効くようですが、ジャズなど管弦楽とは相性が悪いそうです。

──スピーカーはどのようにして選ばれたのですか?
落合氏「まず、薄いスピーカーそのものが少ないので、そこからでした。どうしてもウーファーだけは少し重たくなってしまいましたが。位置なども出す音域に合わせて細かく調整しています。身体の動きに合わせて曲の印象も変わるんですよ」

実際に腕などを動かすと、音がまた別な方向から鳴り響いてくるような不思議な感覚を体験できます。個人的には(年齢がバレますが)、某3画面のアーケードゲームをこれを着てプレイしたい気持ちになりましたね。いろいろと表現自体は繊細に調整されているのですが、やはり低音の迫力がスゴイというのが最もわかりやすい部分での印象でしたので。ズンタタと......。

さて、この世界に2着しかないウェアラブルスピーカー。ぜひ、ご興味ある方は体験していただきたく思います。2017年1月11日(水)にリリースされるONE OK ROCKのニューアルバム『Ambitions』のプロモーション用として1月10日(火)、11日(水)の2日間、渋谷タワーレコード8Fで体験できます。
身体で聴け。WEARABLE ONE OK ROCK
220 シェア
71
88
0
61

Sponsored Contents