Sponsored Contents

vaioの最新記事

Image credit:

この色を出すのは大変だった─VAIOブランド20周年記念の「VAIO Z」と「VAIO S13」登場

ビジネスシーンでも違和感なく使えそう

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年1月31日, 午前10:00 in Vaio
518 シェア
259
147
0
112

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


VAIOは、同社のノートPC「VAIO Z」および「VAIO S13」の特別仕様モデルを数量限定で発売しました。

2017年がVAIOブランド20周年となることを記念したもの。コーポレートカラーの「勝色」をそれぞれの特性・素材感にあわせて施しています。

勝色(かちいろ)は、理性の「青」と完成の「紫」を融合させたという色。VAIOは2014年の創業時よりコーポレートカラーとして採用しています。





フラグシップのVAIO Zでは、天板やパームレストなどのボディ色に「勝色」をアルマイト染色したモデル。VAIOの商品企画部の伊藤 好文氏は「この色を出すのは大変だった」と話します。

「アルマイト染色なんですが、3色を使っています。濃い青と明るい青の両方を入れることで、こういう色味を出せるんです。プラス赤をいれているので、光の方向によって赤みが出てきて、紫がかる工夫もしています」(伊藤氏)



スタンダードモデルのVAIO S13(Core i7 / 16GB / タッチパネル非搭載)では、ヒンジ部のオーナメントを勝色であしらったモデルを用意します。



これら特別仕様モデルは本日1月31日9時からソニーストアにて限定販売開始。

市場想定価格はそれぞれ、VAIO Z 勝色特別仕様(VJZ13B1シリーズ、VJ1311シリーズ)が税別17万6800円〜。VAIO S13 勝色オーナメント仕様(VJS1311シリーズ)が税別18万8000円です。
Source: VAIO
関連キーワード: vaio
518 シェア
259
147
0
112

Sponsored Contents