Sponsored Contents

cellphonesの最新記事

Image credit:

透明な携帯基地局用アンテナ、KDDIが導入へ──美観を損なわないメリット強調

TDKの透明導電性フィルムを活用しています

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年2月17日, 午後06:00 in cellphones
265 シェア
101
86
0
78

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


透明で屋内に設置しても目立たない、携帯電話基地局用の「可視光透過アンテナ」をKDDIが開発しました。アンテナメーカーの日本電業工作と共同開発したもので、2月19日から商用導入を開始します。



基地局用の屋内向けアンテナは、電波が届きにくい屋内で、エリア品質を向上させる目的で設置するもの。しかし従来型は「天井に設置すると目立つ」という理由により、最適な場所への設置が難しい場合があったといいます。

今回導入される「可視光透過アンテナ」では、TDKが開発した透明導電性フィルム「Ag-Stacked Film」を活用。露出面が透明で目立たないために、イベントホールやホテルのロビー、金属天井など、美観や景観を損なわずに設置可能。エリア品質を向上させられるのがポイントです。

周波数帯は800MHz、2.1GHz、2.6GHz、3.5GHz帯に対応しており、屋内の電波状況に合わせて最適な周波数のアンテナを設置できます。

この「可視光透過アンテナ」は2017年2月27日から、スペイン・バルセロナで開催されるモバイル関連見本市Mobile World Congress 2017(MWC2017)で、日本電業工作ブースに出展予定です。
Source: KDDI
関連キーワード: cellphones, kddi, mwc 2017, mwc2017, Network
265 シェア
101
86
0
78

Sponsored Contents