Sponsored Contents

vrの最新記事

Image credit:

ソニーが「広く歩き回れる」VRトラッキングシステムを出願。外部プロジェクター併用のViveタイプ

将来的にはPSVRの追加装備か、それとも後継機となるのか?

Kiyoshi Tane
2017年2月17日, 午後07:00 in vr
219 シェア
51
82
3
3
80

注目記事

人気記事

更新:任天堂が『マリカー』を訴える。マリオ衣装も貸す公道カートレンタル、著作権侵害と不正競争で(マリカーのコメントを追加)

更新:任天堂が『マリカー』を訴える。マリオ衣装も貸す公道カートレンタル、著作権侵害と不正競争で(マリカーのコメントを追加)

View

プレイステーションVR(PSVR)とプレイステーション4(PS4)を手がけるSIE(Sony Interactive Entertainment Inc.)が、ヘッドセット方式のVRシステムにおける新たなトラッキングシステム(プレイヤーの位置を検出する手法)を米国特許商標局に出願していることが明らかとなりました。

特徴は、ビームを発生する外部プロジェクターを使用する方式であること。PSVRで採用している方式に比べてプレイヤーが移動できる範囲がより広くなり、「仮想世界を自由に歩き回れる」ことも期待できます。

現在販売されているPSVRは、HMD(ヘッドセット)から出ている光をPlayStation Cameraが感知して、そこからプレイヤーの位置を検出しているかたちです。この方式ではシステム全体はシンプルになりますが、外部の光や反射がトラッキングの妨げになる恐れがあり、また移動できる広さもカメラが捉えられる範囲に限られています。

sony_tracking
出願された新方式は、外部プロジェクターが方向を変えながらビームを発し、プレイヤーのHMDとコントローラーの位置を取得するもの。
基本的な考え方としては、HTC Viveが採用する、外部ユニットから赤外線を一定間隔で照射して、HMDとコントローラーの位置をセンサーで割り出す方式とよく似ています(Viveの採用する方式についての詳細は、下記動画を参照ください)。



Viveは設置した部屋の中を歩き回れる「ルームスケールVR」を特徴としていますが、今回SIEが出願したシステムも、こうしたトラッキング範囲の拡張を目的としたものでしょう。

ただしデメリットとしては、プロジェクターを設置する手間が必要になり、またコスト的にも高価となる点が挙げられます。実際にViveでもルームスケール体験をするためには、ベースステーション(プロジェクター)を2台以上配置する必要があります(1台での運用も可能ですが、トラッキング範囲が狭くなります)。

また現状では、あくまでも出願が判明したという段階。実際の製品として現行のPSVRに追加するアドオン方式となるのか、それともPSVRの後継機なのか、そもそも商品化されるかどうかもまだ不明です。

もしPSVR対応アプリがこの方式を採用するならば、誤動作が少なくなって「より広く歩き回れる」点では没入感が増しそうです。
しかし現状のPSVRタイトルでは、すでに真逆とも呼べる「狭い部屋で美少女と二人きり」「手出しできずにひたすら水着姿を見る」という四畳半ハーレム的な進化も深まっているところ。もし実現すればどういった影響をゲーム内容にもたらすのか、興味深いところです。

Sponsored Contents