Sponsored Contents

desktopsの最新記事

Image credit:

「デスクトップ市場に活気をもたらす」AMD高性能CPU Ryzen 7は3月3日0時発売、3万8800円から

蓋を開ければ最廉価モデルでも8コア/16スレッドの重装備に

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年2月24日, 午前06:00 in desktops
530 シェア
168
238
13
5
106

連載

注目記事

人気記事

ニンテンドースイッチ『ARMS』オンライン体験会は5月27日9時から。完全新規IPの格闘スポーツゲーム
11

ニンテンドースイッチ『ARMS』オンライン体験会は5月27日9時から。完全新規IPの格闘スポーツゲーム

View

半導体メーカーAMDが発売予定の......と、長らく言われてきた新型CPU「Ryzen」(ライゼン)シリーズ。その第一陣となるデスクトップPC向けの高性能モデル、『Ryzen 7』(ライゼン・セブン)の発売日が、ついに3月2日(米国)に決定しました。日本では3月3日から発売、価格は3万8800円から5万9800円です(税別)。

合わせて秋葉原の一部PCパーツ店では、発売開始同時となる3月3日0時から深夜販売を決定。「よほどのアクシデントがない限り、この発売日から遅れることはほぼない」状態となりました。

Ryzen第一陣は「ゲーマーとパワーユーザー向け」




▲今回発売される3モデル(パソコン工房の特設ページより)


Ryzen 7は、ここ数年性能面では不調期だったAMD製CPUにおける「インテルへの逆襲の一手」と位置づけられるCPU。

現行モデルと比べ、基本的な構造(マイクロアーキテクチャー)のレベルから一新したことなどにより、1クロックあたりの命令処理効率を現行製品比で52%向上させています。これは、若干乱暴な解説ですが「現行製品と比べて同じコア数と動作クロックであれば、性能はRyzenが1.5倍近く高い」ことを意味します。

ただし現在発表されている3モデルは、CPU単体としては比較的高価なクラス。これは今回発売されるのが、インテルで言うところのCore i7、しかも超高性能とされるLGA2011ソケット用に対抗する位置づけの製品となるため。

こうした側面から、AMDはRyzen 7を「PCゲーマー、コンテンツ・クリエイター、パワーユーザー向け」と位置づけています。なおシリーズ名の「7」は、Core i7対抗であることを示すもの。


▲CPU本体としては、現行モデルと似た形状に。背面もインテル製デスクトップCPUとは異なり、ピンが配置されます(AMD公式動画より)


なお、CPU単体での性能を追求したことなどから、昨今一般的な内蔵GPU(グラフィックス処理プロセッサ)は非搭載。PCとして使うためには、別途ビデオカードなどを用意する必要があります。
またマザーボードとのソケット形状は新型の『Socket AM4』。現行のマザーボードは使えないため、同時購入する必要があります。メモリもDDR4専用です。

なお、Ryzenシリーズは7以外にも登場。2017年中にモバイル向けやAPU(GPU統合タイプ)も追加となる予定です。

最上位はライバルCPUに比べて「半額」


▲AMDが2月22日付けで公開したRyzen 7発表公式動画。性能や価格について明らかにされました


さて、今回発売となるラインナップは3種類。
共通となる基本仕様としては、物理的なコア数は8基で、同時処理スレッド(処理単位)数は16。2次+3次キャッシュメモリ容量は合わせて20MBとなります。



最上位となる『Ryzen 7 1800X』の当初価格は、5万9800円(税別)。消費電力と発熱の目安となる値「TDP」は95W。動作クロックはベース(基本)が3.6GHzで、ブースト時(冷却状態や電力などに余裕がある際の目安)が4GHzです。 なお、米国価格は499ドル。

AMDが米国で開催したイベントでは、1800Xの対抗製品として、コア数とスレッド数が同等となるインテルの『Core i7-6900K』(実売価格は税込で14万5000円前後)を挙げ、性能比較を実施。

CPUを使った3D計算ベンチマーク『Cinebench R15』では、マルチスレッド状態でi7-6900Kに対して9%の有利(上図左グラフ)、1スレッド状態でも互角(右グラフ)というデータを公開しています。

さらに動画コーデック変換エンジン『Handbrake』をベースにした動画コーデック変換でも若干有利、4K解像度でのFPSプレイなどに関しても同等とアピールします。



しかも価格はi7-6900Kの1050ドル(米国価格)に対して499ドルであるため、AMDは「8コアデスクトップCPUの新チャンプ。しかも価格は半分」と謳います。



AMDが主力として位置づける『Ryzen 7 1700X』は、4万6800円(税別)。TDPは95Wで、動作クロックはベース3.4GHz/ブースト時3.8GHz。米国価格は399ドルです。



1800Xに比べると性能は下がりますが、AMDはCinebench R15での測定で、こちらでもi7-6900Kに対して4%高速とアピール。一方でインテル製品で価格が近い『Core i7-6800K』(実売価格は税込で5万5000円前後、6コア12スレッド対応品)に対しては、若干安価ながら約1.4倍の性能を謳います。



そして今回の最廉価モデルとなる『Ryzen 7 1700』は、3万8800円(税別)。大きな特徴は、TDP値が65Wと上位に比べて低いこと。TDPはあくまでも目安ですが、30Wも低いと実発熱も少なくなるため、相対的に扱いやすいCPUとなります。また1700のみ、CPUクーラーが同梱されます。

動作クロックはベース3GHz/ブースト3.7GHzと、ベースが控えめです。米国価格は329ドル。

AMDが1700対抗として位置づけるインテル製品は、第七世代Coreプロセッサの人気モデル『Core i7-7700K』(実売価格は税込4万6000円前後、4コア8スレッド対応)です。



この比較では、1700が物理コア数2倍となる点などから、Cinebenchでは1.46倍ものアドバンテージを発揮。それでいて性能は若干ながら安価とAMDはアピールします(なお、日本ではi7-7700Kが比較的高値安定となっているため、日本でのお買い得度はより大きくなります)。

また自作PC派にとってのユニークな機能としては『Extended Frequency Range』が挙げられます。XFR(もしくはEFR)と呼ばれるこの機能は、若干乱暴な表現となりますが「冷却性能が高ければ高いほど、自動で動作クロックが上昇する」というもの。
モデル名末尾に「X」の付いた上位2モデルのみが対応します。

実際の技術的な詳細やクロックの上限など、現状ではまだ不明点が多いものの、水冷システムやいわゆる「極冷」――ドライアイスや液体窒素などを使った競技用環境――などにおいて期待できそうな機能です。

秋葉原では3日深夜0時から発売開始

発売が近づくにつれて「どうも今回は本当に『当たり』かも」という明るいムードになってきたRyzen 7。それを受けてか、秋葉原では一部ショップで、3月3日の午前0時から深夜販売が開始されます。
2月23日時点では『パソコン工房 秋葉原BUYMORE店』と『ツクモeX.パソコン館』、『ドスパラパーツ館』が予定。現時点では各ショップとも詳細は公表していませんが、こうした販売が実施されるという時点で、少なくとも開催店舗にとって「一定以上に期待できそうなCPU」と呼べそうです。
ただし現状ではいくつかのパーツショップから「CPUよりもマザーボードの数量確保が難しそう」いった声もある状態。実際の購入時はこちらの確保が重要となりそうです。



このようにRyzen 7は、久々にインテルの実質一強状態を崩せそうな高性能CPUとして、根強いAMDファン以外からも期待を集める存在となりつつあります。

(そもそもの価格帯が高めではありますが)純粋に期待できそうな性能とお買い得度な点に加え、発売日がNintendo Switchと同じ3月3日ということも相まって、当日の秋葉原などはかなり賑やかな状態となりそうです。

なお、深夜販売では、各ショップにデモ機も用意される予定。当日秋葉原に来られる方は、AMDが「世界最高の優れたパフォーマンスと消費電力を実現する」「デスクトップ・コンピューティング市場に再び活気をもたらす」と自負する実力が本物か、一歩先んじて確認できるだけでも価値がありそうです。

AMDがデスクトップ向け新CPU「Ryzen」を発表。コード名はSummit Ridge、2017年第1四半期より発売
530 シェア
168
238
13
5
106

Sponsored Contents