Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:

届いて4秒で即開封!1万円台スマホWiko Tommy レビュー

しつこくFREETEL Priori 4と比べつつ…

ACCN , @ACCN
2017年2月25日, 午前10:00 in smartphone
446 シェア
111
196
0
139

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始。基本無料のスマホ版、通称『ポケ森』

View


本日(2017年2月25日)発売となりました、おフランスの格安スマホ、Wiko Tommyが届きましたので、厳かに開封の儀式を執り行ないたく思います。


▲ポップなパッケージ。


▲箱の裏にはバックパネルの一覧が。付属するのはブリーンで、フラッシュレッド、トゥルーブラックが別売り。ほかは、後日販売が開始される予定です。


▲オープンするまで、某ハカセなら匂いを嗅いだりと最低20分はかけそうですが、とっとといかせていただきます。


▲ちなみに京都の老舗保護フィルムメーカー、ビザビから、すでに保護フィルムも販売されていました。


▲いきなりですが、同じイチヨンパでスペックも非常に近いFREETELのPriori 4を並べてみました。サイズもほぼ一緒。

FREETELのPriori 4のレビュー記事で、すでにTommyとスペックを比較していますので、詳細はそちらにて。

関連記事:FREETEL Priori 4実機レビュー


▲バックパネルは、Prioriは同梱なのに対し、Tommyは別売となっております。ボタンはメタリックでたいへん質感がいい。


▲カラーによって表面の処理が異なります。コチラはザラザラ。


▲コチラの3色はツルツル。よりカジュアルな感じですね。


▲付属品は必要最小限。USBケーブルとAC、イヤホンです。


▲本体のSIMスロットはマイクロなので、ナノの変換アダプターが付属......するのはわかるのですが、ナゼかミニSIM変換も2つ付いていました。Wikoのロゴ入り......某ハカセを羨ましがらせる用ですかな。


▲内蔵メモリーは16GBと心もとないですが、外部SDを内蔵メモリーとしてフォーマットできるAndroid の機能がめずらしくEnableとなっておりますので、活用しない手はないでしょう。


▲日本語対応が中途半端なGboardとセットのGoogle日本語入力がデフォルト。フリックも使えないので、ほかの日本語入力アプリを入れることをオススメします。その際、コチラは無効にし、容量を稼ぎましょう。





カメラはメインもサブもそれなりですが、フレーム機能は面白いですね。ひとりでやってると虚しいですケド。

以上、駆け足でアンボックス〜ファーストインプレッションをお届けしました。価格の割に質感もよく、2台目オモチャとしていろいろ楽しませてくれそうですよ。


発表会で話題になった「怪しい翻訳」が一部、まだ残っているような気もしますが、たんにフレンドリーな感じを演出している可能性もあります。

関連記事:

「フランス発のブランドでシェア5位以内を目指す」日本市場参入を果たしたWiko、今後の展望を聞く

動画:フランス製の格安スマホ Wiko Tommyインプレ。1.5万円でも安っぽくないMVNO端末

1万4800円で買える仏WikoのSIMフリースマホTommyは、強烈な個性の塊だった(実機インプレ)
446 シェア
111
196
0
139

Sponsored Contents