Sponsored Contents

mwcの最新記事

Image credit:

ソニー、PS4も遊べる投影型コンピュータ Xperia Touch 発表。超短焦点プロジェクター と投影面タッチ認識、Android搭載:MWC2017

Life Space UXではないバージョン

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年2月27日, 午後04:50 in Mwc
4578 シェア
2771
1142
105
24
536

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



MWC 2017 プレスカンファレンスより。ソニーが投影型コンピュータ Xperia Touch を発表しました。

壁際に置いて23インチから80インチ画面を投影できる超短焦点プロジェクターと、投影面へのタッチを認識するセンサを備えており、壁やテーブルに映したゲームやアプリを複数人でタッチして操作できます。


Gallery: ソニーXperia Touch投影コンピュータ | 6 Photos



Xperia Touch は、スマートフォン以外にもXperiaブランドを拡大するXperiaスマートデバイスのひとつ。昨年の CES 2016では「Xperiaプロジェクター」の名称でコンセプト展示されていました。

本体はAndroid OSで動いており、単体でGoogle Playからアプリやゲームをインストールできます。

PS4 リモートプレイにも対応。たとえば居間の大画面4Kテレビに接続したPS4から、寝室に置いた Xperia Touch に映像を飛ばして遊ぶといったこともできます。




Gallery: ソニー Xperia Touch 製品写真 | 10 Photos



タッチ認識は赤外線とカメラを組合せた方式。毎秒60フレームで10点マルチタッチ認識に対応します。

テーブルへの投影をタッチするデバイスとしては、投影型キーボードが典型的な「未来っぽいけど超絶ストレスが溜まる非実用品」の地位に長らく君臨してきましたが、Xperia Touch は「遅延のない快適なタッチ操作を実現」したことをアピールしています。

実際、昨年のコンセプト段階のデモ体験者からは「吸い付くように違和感なく追従した」と好評でした。

なお、ソニーはよく似た仕様の超短焦点プロジェクター LSPX-P1を昨年から販売中です。

ソニーの超短焦点小型プロジェクター『LSPX-P1』2月13日発売。投影距離わずか数センチ、机や床もディスプレイに (2016年1月)

更新: 詳しい仕様が公開されました。光源はレーザーダイオード、投映方式はソニーのSXRD、明るさは100ルーメン。ネイティブ解像度は1366 x 768、コントラスト比 4000:1。

本体重量は約923g。電源はUSB-C端子のUSB-PD 15V。内蔵バッテリーで動画再生一時間程度のポータブル駆動も対応。Android は7.xヌガー。WiFi や Bluetooth、NFC、マイク、対人近接センサ、HDMI入力も備えます。

プロジェクターとしては、おおむね LSPX-P1を踏襲する仕様です。

100ルーメンはいわゆるプロジェクターとしてはいくらなんでも暗い数字ですが、Xperia Touch は用途として必ずしも映像再生の画質やコントラスト重視ではないこと、超短焦点で間近の平面に投影すること、アプリによっては大きな文字やアイコンが視認できれば良いこと、生活に溶け込むコンセプトなどから、100だから使えない、というものでもありません。明るいにこしたことはありませんが。

Source: Sony
関連キーワード: mwc, mwc2017, projector, sony, xperia, xperia touch, xperiatouch
4578 シェア
2771
1142
105
24
536

Sponsored Contents