Sponsored Contents

playstationの最新記事

Image credit:

PS4 v4.50更新で「ブーストモード」解禁(PS4 Pro)。外付けHDDからゲーム起動、PS VRの3D BD対応など新機能多数

🐰 ブーストで切り抜けろ!(※他社IP)

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年3月9日, 午後07:47 in Playstation
454 シェア
134
188
6
1
125

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



🐰 「ブーストで切り抜けろ!」(※他社)というわけで、ソニーがプレイステーション4 システムソフトウェア v4.50 アップデートの配信開始を発表しました。

今回の主な新機能は、上位版PS4 Pro の威力を特定の対応タイトル以外でも発揮できる(場合がある)ブーストモード、外付けHDDの拡張ストレージ化、PS VRが Blu-ray 3D対応など。

ほかスクショの壁紙化やアクティビティーの強化、全般のUI改善など、多数の改良が含まれます。




v4.50の更新点のうち、すべてのPS4ユーザーに影響がある大きな新機能は:

・外付けHDDの拡張ストレージ化



外付けHDDにゲームやアプリなどをインストールして、直接起動できるようになりました。使えるHDDはUSB 3.0接続、容量250GB以上 8TB以下。 同時にマウントできるのは1台のみ。ただし、複数台をフォーマットして入れ替えつつ利用することはできます。差し替えて使用できる台数は無制限。

本体ストレージと拡張ストレージの物理的な違いはPS4のUI的には区別されないため、別のドライブにあるアプリをホーム画面上の「フォルダ」機能でまとめることもできます。

接続されていないストレージにあるゲームやアプリも、ホーム画面上にはアイコンとして現れますが、右下に警告マークがつきます。ディスク版をインストールして抜いた場合と同様です。

・PS4専用のブーストモード追加

PS4 Pro ユーザー注目の新機能はこのブーストモード。PS4 Pro は映像処理を担当するGPUが約2.3倍に強化されたほか、CPUやメモリ周りもノーマルのPS4より高性能になっていますが、ゲーム機として互換性を重視するために、恩恵が受けられるのは特定のPS4 Pro 対応ゲームでのみ、それ以外の過去作などはノーマルPS4と同じ互換モードで動作するのが原則です。

PS4 Pro発売以降のゲームは原則すべてPS4 Pro Enhancedになるほか、比較的最近発売のタイトルや人気作品はソフトウェア更新であとからPS4 Pro対応のパッチが提供されるようになってきました。


(このロゴがなく、パッチも提供されていないタイトルがブーストモード対象)

しかし、旧作を中心にいまだにPS4 Pro対応パッチが提供されていないゲームも多数存在します。今回追加されたブーストモードは、こうした非EnhancedタイトルでもGPUパワーの封印を解くことで、フレームレートの向上や安定につながる(場合もある)機能です。

デフォルトではオフになっているため、実際に使うには、設定のシステムから有効にする必要があります。

最初からターゲット30fps や 60fps として設計されたゲームの場合、それを超えてフレームレートが向上して滑らかになることはありませんが、たとえばノーマルPS4では複雑なシーンなどでフレームレートが落ちていた場合、落ちる程度を軽減したり、安定した30fpsや60fpsになる場合があります。

もしブーストモードで何らかの不具合があった場合、設定からオフにすれば従来どおりの互換モードで作動します。


・PS VRが Blu-ray 3Dコンテンツに対応



大画面テレビの3D対応が盛んにアピールされていた数年前、多くリリースされていた3DブルーレイがPS VRで観られるようになりました。

3Dテレビは時代の徒花に消えてしまい、最新機種では2D画質優先のために機能が外されることも多くなりましたが、映画コンテンツ自体は3D上映が定着しているのはご存知のとおり。

かつて3D対応テレビを買い、せっかくだからと別売りのメガネと3Dブルーレイを買い揃えたけれど、いまは3D非対応の大画面4Kテレビに買い替えたといったユーザーは、VRの仮想大画面シアターでまた飛び出す映画体験ができるようになります。

またPS VR関連では、

・PlayStation®VRをお使いの場合、シネマティックモードの画質が改善されました

も改善点。仮想画面サイズが小または中の場合、リフレッシュレートが向上します。

ほか主な新機能・改良は:

・スクリーンショットの壁紙設定。専用テーマがないゲームでも、気に入ったシーンを壁紙にできます。PS4はシステムとしてスクリーンショット撮影機能があるほか、最近のゲームでは凝ったフォトモードを備えるタイトルも増えてきました。会心の一枚をホームや機能画面に貼れるようになります。

・クイックメニューの操作性を改善。パーティーなどの機能に直接アクセスしやすく。

・お知らせのリニューアル

・アクティビティーに直接テキストまたはスクリーンショットを投稿可能に。
・アクティビティーにアニメ―ションGIFを投稿可能に


アクティビティをTwitterのように使えます。プレーヤーやゲームのタグ付け機能も追加。スクリーンショットなどの共有先に、従来のFacebookとTwitter、メッセージとコミュニティに加えてアクティビティも増えます。

柔軟に選べて使いやすくなったものの、PS自前での共有に3種類あるのは覚えるまでややこしいかもしれません。FBとTwitterはそのまま対外向け、メッセージはプライベートチャット、コミュニティはもう少し広く独自に作れる複数人向け掲示板、アクティビティはPS上にあるゲーム用Twitter的なもの、の位置付けです。

・パーティー作成後にパーティーの公開/非公開を変更可能に。プレーヤーが集まってから締切り、がやりやすく。


・Windows® PC、Mac、Xperia™ SmartphoneおよびXperia™ Tabletからのリモートプレイ中に、接続している機器のマイクを使ってパーティーやゲームのボイスチャットに参加できるようになりました。

リモートプレイユーザーにはありがたい更新。リモートプレイアプリを更新したうえで、PS4側も最新にしないと接続できません。出張中に更新提供が始まり自宅のPS4にアクセスできなくなってしまった皆様の心痛お察しします。


PS4 v4.50は本日9日より配信中です。アップデート履歴はこちら。シネマティックモードのリフレッシュレートが向上など、英語版PS Blogでしか解説されていない小ネタもあります。

関連キーワード: playstation, playstation 4, ps4, ps4 pro, sie, sony
454 シェア
134
188
6
1
125

Sponsored Contents