Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

動画:スマホ縦撮り対応、モバイルバッテリーにもなる折りたたみ型2軸スタビライザー「SMOVE」 レビュー

縦撮りジンバル!

わっき(Digital Wackys) , @d_wackys
2017年4月10日, 午後05:00 in Smove
191 シェア
36
65
0
90

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


Engadget 日本版YouTubeチャンネルより。今回は縦画面撮影にも対応したスマートフォン用スタビライザー「SMOVE」 のレビューをお届けします。以前、似たような形のコンパクトな2軸の電子制御式スタビライザーをレビューしましたが、今回の「SMOVE」は色々と高機能です。

SMOVEには、iOS/Android向け専用アプリがあります。基本的なスタビライザー機能としては、パン/チルト共に手の動きに追従するM2モードと、パンのみ追従してチルト方向は固定となるM1モードの2種類が用意されています。そうした操作を手元で色々と行えるのは使い勝手が良い感じがします。


実際に歩いて使用してみると、歩行の際の衝撃が伝わり横に若干ブレてしまいました。構える方向を変えると横のブレは軽減されましたが、今度はチルト方向のブレが吸収しきれません。ヌルヌル動画を撮るにはやはり3軸制御が欲しいところです。

また、三脚に固定してパノラマ撮影機能を使ってみましたが(iOS版では)360度撮影がうまく機能しませんでした。ランドスケープモードは上下の画角が狭すぎてあまり実用的ではなさそうです。

フェイストラッキングを使用すると自動的に顔を追従してくれるのですが、これもアルゴリズムが洗練されていない印象でした(DJI OSMO Mobileと比較した印象)。

SMOVEの大きな特長としてモバイルバッテリー機能があります。スマホホルダー部分に端子があるので短いケーブルでスマホと接続できるのですが、miniUSB端子なのでケーブルを別途用意する必要がありそうです。

なお、グリップ部分にあるUSB端子からも給電しながら使用できたので、こちらなら普段使用している充電用のケーブルが使用できます。

このほか、ポートレートモードでも使用可能なので、歩きながらのライブ配信などで威力を発揮しそうです。さらに360度カメラを接続すれば水平がブレずに撮影できます。この様な使い方なら2軸でも十分です。

Coverage: Indiegogo(SMOVE)
関連キーワード: SMOVE, stabilizer, VideoStabilization
191 シェア
36
65
0
90

Sponsored Contents