Sponsored Contents

Camerasの最新記事

Image credit:

「D500と同等の高画質」で軽量ボディ。ニコンD7500発表、画像エンジンEXPEED 5搭載で4K動画や連写を強化

先代より画素数減も総合力を向上

Munenori Taniguchi
2017年4月12日, 午後05:30 in Cameras
161 シェア
37
57
3
0
64

連載

注目記事

人気記事

明日土曜『ドラゴンクエストⅪ』が発売。PS4版と3DS版の違いや「ふっかつのじゅもん」を予習しておこう

明日土曜『ドラゴンクエストⅪ』が発売。PS4版と3DS版の違いや「ふっかつのじゅもん」を予習しておこう

View
ニコンイメージングジャパンが、DXフォーマット(APS-C)のデジタル一眼レフカメラ D7500 を発表しました。2015年に発売したD7200の後継に当たるモデルで、ニコンのフラッグシップ機D500と同じセンサーおよび画像処理エンジンを搭載、4K動画の撮影にも対応します。

D7500は2088万画素のCMOSセンサー(光学ローパスフィルターレス)を搭載し、EXPEED 5画像処理エンジンを搭載。Lo 1(ISO 50相当)からHi 5(ISO 1640000相当)の減感/増感に対応します。常用感度はISO 100~51200。
 

写真撮影においては、最高で8コマ/秒の連写機能を搭載、14ビットロスレス圧縮RAW形式で最大50コマまで撮影できます(JPEGなら100コマ)。シャッター速度は1/8000~30秒


AFには従来同様「アドバンストマルチCAM 3500II」51点システムを採用し、グループエリアAFが利用可能となりました。また、これもD500ゆずりの180KピクセルRGB測光センサーにより、オートフォーカスや自動露出、自動ホワイトバランス精度を向上しています。

一方の動画撮影機能は 4K UHD(3840 x 2160) /30fpsで最長約30分の撮影が可能、記録形式には従来からのMOVに加えMP4(映像:H.264/MPEG-4 AVC、音声:リニアPCM、AAC)を追加しました。その他4K解像度でのタイムラプス動画撮影機能を搭載。フルHD以下では電子式の手ブレ補正機能が使えます。

光学ファインダーはアイレベル式ペンタプリズム使用一眼レフレックス式、視野率約100%、倍率約0.94倍、アイポイント18.5mm。背面のチルト機構搭載3.2型液晶モニターは画面タッチでAFやシャッターが可能。高剛性炭素繊維複合材料を使ったモノコックボディにより、重さはバッテリーやSDカード込みで約720gに軽量化しました(D7200は約765g)。

記録メディアはSDカード(SDXC UHS-I対応) x1スロット。IEEE 802.11b /g WiFi、Bluetooth 4.1を搭載し、スマートフォンからファームウェア更新などが可能です。ほか、入出力はUSB 2.0(Micro-B)、HDMI Type C、マイク入力/イヤホン出力。

発売時期は6月で、オープン価格。店頭予想価格は、ボディのみで税込み約16万円前後。AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR レンズを同梱する D7500 18-140 VRレンズキットは約20万円前後の見込みです。

Gallery: Nikon D7500 | 16 Photos

161 シェア
37
57
3
0
64

Sponsored Contents