Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:

「新しいGoogle Earth」発表イベントをGoogleが告知。アースデイ前の4月18日、Daydream対応?

発表会は日本時間4月18日21時30分より

Munenori Taniguchi
2017年4月13日, 午後12:45 in internet
323 シェア
79
101
22
4
117

連載

注目記事

人気記事

Googleが、新しいGoogle Earthの発表会を開催すると告知しています。場所はニューヨークのホイットニー美術館で、日時は4月18日8時30分(日本時間4月18日21時30分)より。なお、4月22日には「地球環境を考える日」こと、アースデイが控えます。

検索の巨人が提供しているGogole Earthは、Googleマップに等高線情報を付加して3D化した地球儀アプリ。近年はテレビである地点にズームする映像などがよく使われているので、名前は知らなくてもその画面を見たことがある人は多いはずです。

もう約10年もの歴史があり、最近はあまり大きな話題に上ることも少ないGoogle Earthですが、それでも2016年にはSteamにGoogle Earth VRを提供開始したりと、トレンドに沿った進化を地道に続けて来ました。

それが、ここへ来てわざわざ発表会を開くということは、ソフトウェアの根本的な再設計もしくは、なにやら派手な新機能が加わると考えるのが正しそう。新機能の線ですぐに思い浮かぶのはVR化の拡大です。現状、Google Earth VRはHTC Viveのみの対応であり、その他のVRヘッドセットへは対応機種を増やしていく予定としていました。

Googleには純正のモバイルVRヘッドセットDaydreamがあり、教育ツールとしても手頃な価格帯であるため、これに対応すると考えるのが妥当なところかもしれません。

またGoogleはここ数年、VR/ARミュージアムの開発にも取り組んでいます。それらの技術をGoogle Earthに取り込み、リビングにいながら地球のあらゆる場所詳細に(室内含む)"VR体験"できる「ミニチュア地球」レベルのGoogle Earthを開発しているのかも。

ちなみに、Googleは現在開発中の実験的な技術を紹介するサイトGoogle Web ExperimentsにWebVR Experimentsページを公開しています。もしかするとこの中に4月18日の発表に関連する何かがあるかもしれません。

Via: TNW
323 シェア
79
101
22
4
117

Sponsored Contents