Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:

「Spotify Premium学割プラン」開始、月額480円。大学/短大/高専など高等教育機関の学生が対象

聴きまくれ!

Munenori Taniguchi
2017年4月19日, 午後05:30 in AV
168 シェア
13
94
0
61

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

音楽ストリーミングサービスのSpotifyが、有料のPremiumプラン月額料金が半額になる「Premium学割プラン」の提供を開始しました。対象は大学、短大、高専などいわゆる「高等教育機関」の学生で、中高生などは対象外。登録には学籍証明書類が必要とのこと。

学割プランというと日本独自の施策のようにも思えますが、実は米国。英国、ドイツでは先行して学割プランの提供を開始していました。それがこのほど日本を含む合計33か国に範囲を拡大することになったわけです。

学割プランのサービス内容はPremiumプランそのもので、広告の入らない自由なストリーミングやオフライン再生、高音質オプションなどが提供されます。

対象となる学生は、学割プラン専用の登録ページにサインアップすれば、Spotifyが提携したSheerID社によって認証され、12か月間は月額480円で音楽を自由に聴けるようになります。また12か月経過の時点で手続きが必要となるものの、合計3回までは学割プランを更新できるとのこと。つまり学割期間は最長4年間ということです。

学生時代に聴き込んだ音楽は一生の宝になると言われます。カラオケのレパートリーや握手会のためでなく、いろいろな音楽に触れてその感性を磨きたい人、自分でも演奏したいひと、純粋に音楽を楽しみたい人に、学割プランは最適な環境を与えてくれるはずです。

ちなみに、学割プランはSpotifyだけの特徴というわけでもなく、他の音楽ストリーミングサービスでも提供しているところがあります。たとえばApple Musicは「学生メンバーシップ」を2016年11月より提供しています。こちらも月額は480円。対象は総合大学や単科大学 4年制大学、大学院、短大で、有効期間は48か月(4年間)まで。12か月ごとの更新手続きはありません。

お詫びと訂正:初出時、Apple Musicの学割の対象は「総合大学や単科大学」と記述していましたが、アップルから指摘があり「最近変更になったので学割対象は 4年制大学、大学院、短大」とのこと。どうやら総合大学や単科大学とは米国内だけの話のようです。ただAppleの当該ページの下の方には小さく大学にくわえて「日本では短大、専門学校、専門課程も対象」と書き加えられていました。読者の皆様に混乱を招きましたことを深くお詫び申し上げます。

168 シェア
13
94
0
61

Sponsored Contents